2007年11月 6日 (火)

何件火災が減っているのかと・・・。

大阪市消防局の発表

「消防音楽隊の活動で何件火災が減っているかと言われるとつらい」

と、随分ふざけた発言をしている幹部が居ましたが、

 =======================================================================

1. 平成19年上半期の火災概況は、昨年上半期と比較して、火災件数が116件
(昨年同期比17%)、焼損程度では「全焼」が7.8倍、損害額は2.3倍増加し
た。
2. 火災原因のうち、放火(疑いを含む 以下同じ)の件数は303件で、昨年
上半期と比べ49件増加しており増加傾向にある。
また、1位放火(303件)、2位たばこ(110件)、3位天ぷら油(62件)の
3要因で全体の約6割を占めており、この順位については、過去22年間変わ
っていない。

---------------------------------------------------------------

この数字はどう考えればいいのですか?

もうちょっと前の年のデータを見たいですな。音楽隊が存在していたころの比較をしてみたい。これで、増加の伸び率が、存在しているときのほうが鈍い、あるいは減少してる、なんてことにでもなれば、「ふざけんな・・・!」ですね。何十人も路頭に迷わせ、さらに火災被害者も増やしてしまった・・・。

 

ま、単純に比較なんて出来ないのはよく判ってるつもりですが。それでも・・・。

 

11月18日は大阪市長選だそうです。皆さん、投票に行ってくれ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

最後の公式行事が終わり…。

いよいよ後は残務処理のみです。一応、23日には小編成で一件ありますが、それが終わると楽器の整理が始まります。この楽器、どうするのやろ…。

 

愛好者による音楽クラブ

依頼が増えすぎて正式に音楽隊として改変

隊員では成り立たなくなり、外部から嘱託職員を雇い始める

予算削減のため、非正規雇用の嘱託職員のみになる

廃止

廃止するとさすがにマズイんで、音楽クラブで誤魔化す…

 

何だか、こんな感じになりそうな感じもあるのですが。消防局はロンダルギアの洞窟を永遠にさまようのでしょうか(わかる人だけわかって)。

 

で、今日は(代休で自宅に居るのに)残務処理の一環、音楽隊の過去の映像を編集したDVDの複製。大体一回の行事につき一枚くらいの量になってしまうため、コピーする量もハンパじゃない。外付けハードディスク買っておいて本当に良かった…。いくつかのDVDでリードエラーが出てたため、また新たに職場でマスターを作成しなおさねばなりません。めんどくさいなぁ。

 

作業を行いながら、NHKのニュースで放映された音楽隊関連のニュースを見ました。非常にソフトなタッチでしたね。「他に削るところあるやろに」も無かったですから。 

 

結局、音楽隊廃止に伴う説明が二転三転していることへの説明、解雇に対する上層部の僕たちへの説明、よくわからない議会への説明、何にも知らされないまま、僕たちは消え去る運命なんでしょうね…。

 

突然ですが、応援してくださった皆さん、署名にご協力いただいた皆さん、皆さんの声は消防局は聞こうとしませんでしたが、

僕たちには届きました。本当にありがとうございました。僕たちが無力なばかりに、皆さんにご迷惑をかけてしまい、申し訳ありませんでした。 

多分、皆バラバラになり、音楽を諦めざるを得ない人も沢山いると思います。しかし、皆さんから頂いた声は隊員一人一人の胸に刻まれ、今後の人生を必ず豊かにしてくれると思います。

ありがとうございました

音楽ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

わざわざ来てくれんでもよかったんやぁ~

大阪の人はほとんどの方がご存知でしょうが、他の地域の方は

「大木こだま・ひびき」

ご存知でしょうか?

 

「今日は沢山のお客さん、来ていただいてありがとうございます」

「わざわざ来てくれんでもよかったんやぁ~!言うてくれたらコッチから行きまんがなぁ~!」

というお決まりのギャグをお持ちの漫才師なんですが、今日は音楽隊に「わざわざ来なくてもよかったでぇ~」というお話し。

 

今日は一日合奏訓練。指揮も担当する、(財)大阪市消防振興協会副参事(以前は音楽隊の隊長でしたが、音楽隊組織改変の折昇進。そして事後処理をしに音楽隊へ帰参、です)が、練習の始めに

「お昼の伝達のときに、振興協会の総務課長がお見えになります」

この人、完全に消防局の使いっ走り状態で、ある意味可哀想な状態なんです。毎回しょうも無い事を言わされ、音楽隊の冷たい視線を一身に浴びる。大変ですよね、管理職…。

で、何を言うのやろ?僕の予想は

「最近音楽隊の人がちょこちょこ動き回ってるようですが…」

でむ君に、「絶対これやで、自信ある!賭けてもいい!」と断言したのですが、

 

実際N総務課長が言ったセリフは、

「音楽隊は3月で廃止になります。それに伴い、皆さんの契約更新はありません、ということをお伝えに参りました。以上です。」

 

そんだけですか!他は無いんですか!

そんなことわざわざ言いに来たんですか、ほんと、大変ですねぇ。しかしまぁ、何故そこまでして音楽隊を潰したいのでしょう?解りません。

 

 

あ、賭けに負けた、ということで、でむ君にはジュースを奢らせていただきましたm(_ _)m

その後、電子辞書を見にヨドバシ梅田に行ったのですが、色々ありすぎてよくわからなくなっちゃいました。そしたら、このブログを見てくれている高校の後輩(司法試験に向けて勉強中)から、「新しいの貰ったんで、古いのが一つ余ってるんですが、いかがですか?」とのありがたい申し出が!遠慮なく頂戴いたします、ありがとう!

 明日会うんですが、ついでに今回の騒動に関する法律問題を相談してみようかな?どんな話が聞けるか、楽しみになってきました!

 

音楽ブログランキング  いつもご覧頂き、ありがとうございます!立場の違いを超えて(苦笑)、クリックをお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

大阪市 消防音楽隊 廃止 に関する関西テレビの放送

本日、18時15分くらいから、最近何かとお騒がせの関西テレビの情報番組

スーパーアンカーにて、消防音楽隊の話題が取り上げられました。

 

 

正直、もっと突っ込んだ内容になってるかと思ったんですが、音楽隊問題初心者の方にはアレくらいの内容がいいのかな?とも思いました。

より詳しく知りたい方は、隊員の本音~廃止までに~をご覧下さい。僕のブログの過去の記事にも書いては居ますが、くだらない内容の記事も多いので、全部見ていただくのは大変なのです。

あ~ぐーさんのブログでしたら、記事の内容も廃止問題に(ほぼ)絞って書かれているので、より見やすいかと思います。

そして、もう一つ。サッチモのブログもご覧下さい。すっきり読みやすい文章で、音楽隊の日常を綴られています。

 

さて、今回消防音楽隊を「廃止」ということが決定されていますが、僕達隊員は「全員解雇」となります。音楽専門の非常勤嘱託職員なんですね、僕たちは。だから、何処かの消防署に再配置なんて事はありません。火を消す体力がありません(苦笑)。

そして、今年度当初に渡された契約書には、「18年度以降の契約の更新はありません」

と書いてあります。つまり、何かの間違いで消防音楽隊が廃止されずに残っても、その場に現在の音楽隊を構成している非常勤嘱託職員が残っている可能性はほとんどありません。

「契約しない、と書いてるやろうが!それを承知で契約したんやろ?ん?」

もしかしたら消防局の人や大阪市消防振興協会の人たちがこのブログを読んで、「この手があったか!」となるかも知れませんが(毎日のようにアクセスがあります。監視してるのか、暇つぶしなのか…。なんにせよ、勤務時間中にしていいものでしょうかね?)、書いておかないといけないと思います。

 

そして、関市長は、「やむを得ず、一旦廃止する」とニュースで発言しました。これは、

「とりあえず非常勤嘱託を全員クビにして、そっから考えるから」

ということなのでしょうか・・・。

 

結局、僕が知りたい情報は何一つわからないまま、でした。

    音楽ブログランキング ご覧頂き、ありがとうございます。ランキングの順位を一つでも上げることで、この問題を一人でも多くの方に知っていただく機会になれば、と思っています。クリックのご協力よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 9日 (火)

嬉しい話。

たまに出没して、知ったかぶりのコメントを書き散らかしているブログ、

 

JIROの独断的日記ココログ版(リンク集にも設置させていただいてます)

で、音楽隊に関する記事が掲載されました。

 

 

本当に嬉しい話です。そちらのブログの読者さんも、早速にご協力いただけた方もおられるよう。なんだか、もう、言葉もありません。感謝、感謝です。 

リンク集のところにも書かせてもらってますが、このブログの管理人さん(と言うのでしょうか)JIROさんは、毎日、広範な話題を沢山の資料を調査しながら、詳しく、素人にもわかりやすいように書かれています。当然、毎日見させていただいてます。自分のバカさがばれるのが怖くて、コメントを残すのが音楽系の記事だけなんですが…。毎日、勉強させてもらってます。僕のブログをご覧頂いている皆様にも、一週間見続けていただきたいブログです。そうすれば、絶対にお気に入り欄に加えていることでしょう!

 

 

 

 

締切日、僕は東京でオーディションを受けています。だからなんや!と言われると困りますが、頑張っています。

 

変な意味では、消防局の思惑に乗った行動を取っている、と言えるのかもしれません。早く潰したい、だから就職活動早くして!というヤツですね。しかし、オーケストラプレーヤーは子供の頃からの夢ですし、音楽隊の事が無くても受けに行っていたでしょうし(多大な文句にイヤミは言われるかもしれませんが、上層部に)第一、受けても受かる保障なんてどこにもないんです!

今回の新日本フィルオーディション、47名のクラリネット奏者が受験されるそうです。オーケストラに入りたいプレーヤーは、こんなに少ないはずはないのですが、色々な事情で受けられない人も多いと思います。上手い人、めちゃくちゃ上手い人、自分の実力を勘違いしている人(僕ですな)、いろんな人が受けに来ますが、オーケストラに必要なのは上手いだけではない、「自分たちのオーケストラに合う人」。どれだけソロが上手くても、その人の音色がオケに合わないのであれば、「残念です」ということです。

僕の音色は、どうなんだろう?そもそも、人に認められる音なんだろうか? 

 

うん、これ以上色々考えると、また鬱っぽくなりそうなんで、もう寝ます。おやすみなさい。

  音楽ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

大阪市消防音楽隊防火コンサート

先日17日、WTC(ワールド・トレード・センター。大赤字の施設ですな)にて、

大阪市消防音楽隊防火コンサート

が開催されました。 

  

当然ながら、自分も出演していましたが、何故このブログで宣伝しなかったのか?

 

 

 

 

歌ってたんですよ…、裏声で。「チューバ・タイガー・ラグ」とう曲で(でむ君がチューバソロを担当)コーラスを担当することになってしまいまして…。カラオケにはよく行ってますが、それとコレとは話が別。お客さんの前で歌声を披露することに耐えられるレベルとは思えず…、それで宣伝しませんでした。すいません。でも、このブログにリンクされている方のところで宣伝されてましたから、ご存知の方も多かったかと思います。

前日の毎日新聞夕刊でも、記事が掲載されていたようですしね。

前日の夜は、そのコーラスパートの音をひたすら聴きながら寝ました。いわゆる、睡眠学習みたいなことができないか、と思ったのですが、結果はただ熟睡できないだけ、全然覚えられてないし、はっきり言って大失敗!睡眠学習は、効果が無いか、方法を間違えると有害だという事がわかりました…。

 

実はコーラスだけでなく、小さいけどとても重要なソロもあったんです。

「ラプソディ・イン・ブルー」最近「のだめカンタービレ」で使用された曲ですが、冒頭にとても印象的なクラリネットソロがありまして、それも担当してまして、そっちにも気を使わねばならんのに、もう頭はコーラスでいっぱいいっぱい。

結果だけ書きますと、クラソロは無事に(多分)終了、コーラスは?といったところでしょうか。いちいち細かい事書いてるとキリが無いので、もう辞めます。でむ君のソロは素晴らしかったです!お見事!

 

 

市民の有志の方が、音楽隊の存続を願っての署名活動を始めてくださったようです。ありがたいことです。

さ、僕も次の目標に向かって頑張らねば!やる事は(ありがたい事に)沢山あります。やる事が無くなると、「今後僕はどないなんのやろ」とか、鬱になってしまいそうですが、本当にありがたい事に、そんな事を考える間もないほど、やる事が山積みです。

 

頑張っていこう!!! 

  

音楽ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

親子で楽しむ音楽会?

本日は、住之江の小学校で、「親子で楽しむ音楽会」と題しての演奏。

 

あれ?消防音楽隊は、消防の広報活動だけで、演奏会はしてないはずでは?そう、こういった現実とかけ離れた答弁を、消防局の上層部は行ってる訳ですが、その話はまた今度。

Kif_0452 「明日があるさ」を演奏中のtbこた君。この曲では、Hr,Tp,Tbが派手なアクションをとったり客席に降りていったりで、いつもウケてます。曲の編曲はパッとしないのですが、隊員のアドリブで曲がめちゃくちゃ楽しくなる良い例だと思います。何でもそうですが、楽しいほうがお客さん、観客の皆さんの印象に強く残ります。

 

最後に、アンコールを演奏したんですが、その前に司会の方が、

「音楽隊は来年3月で活動を停止してしまいます。アンコールの声と共に、『やめないで!』コールもお願いします!!」と。

 

とてもありがたい話です。でも、僕らに『やめないで!』と言われても…。なんです。僕たち隊員は、当たり前ですが辞めたくない。クビ切られるわけですし。

 

 

音楽隊を潰したいのは…???

いったい誰なんでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

日本橋ストリートフェスタ

今日は日本橋ストリートフェスタ、というイベントに出演してきました。

 

 

 最近キタに押されっぱなしのミナミを盛り上げよう!というイベントらしく、コスプレーヤーの皆さんたちのイベント参加とかもあってなかなか賑やかなもんでした。ガンダムSEED、セーラームーンにシャアさんは解ったのですが、他はわからん人のほうが多かった…。

 

 

 それよりも!前の記事で紹介しました、「音楽隊いらない」と言った張本人が来てましたよ!イベントの実行委員長らしいのですが、こちらを見ようともしない。まるで目を合わせると呪われるとでも思っているかのよう。僕らはメデューサぢゃねぇ!っての。演奏終わると、白々しくもにこやかに拍手なんかしちゃって。

 廃止するなら、直接なんか言いに来てくれよ!すぐそこに居るんだから!完全に、後ろめたいのがバレバレってな感じでしたね。結局、廃止も「金が無い」という理由は言い訳に過ぎないのでしょう。では結局、何が真の理由なのか?知りたい…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月24日 (金)

何の意味がある?

http://www.city.osaka.jp/shobo/new/whatsnew/1140661560.html

とりあえず、このリンクを見てください。

消防局は、何を言いたいのでしょうか?

近年の大阪市を取り巻く諸般の事情から

それを知りたい、と言いました。その結果がこれですか。

ほんまに、「役人の“検討します”はやらないと同じ」ですな。
音楽隊を廃止することで、どれだけの予算が削減され、その結果、どのような予算を組むことになるのか、音楽隊廃止で浮いた予算はどのように使われるのか、それを発表してほしい。これではあまりにも誤魔化しが酷い。

今日は、他にもいろいろ書きたいことがあったのですが、この資料を見て全部吹っ飛びましたよ。あぁもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

いろんな誤解を解いていきたい。

http://katakataeupho.blog49.fc2.com/blog-entry-2.html#comment2

ゆーふぉな日々、というブログへのトラックバックです。

>公演1回あたり100万ほどかかるらしく

公演一回を年額で割るとそういう計算になります。が、練習もする、隊の事務、雑用もこなさにゃならない、その他あれやこれややらされて、毎日大変です。

そして、僕らは非常勤嘱託なので、給料はめちゃくちゃ安い。ボーナス無、昇給無、その他手当てほとんど無、という僕らの生活が火の車な状況です。

>でも許せないことが!
市議会からの批判のコメントなのですが
「演奏が必要なら地元の高校や中学校の吹奏楽部に頼めばよい」
というものです

僕ら全員ブチ切れですよ。平日の朝から中学生高校生が演奏してくれますか?真冬のえげつない寒さの中、お願いできますか?楽器壊れたら、どうやって補償するの?

こんなあまりにも(自主規制)な発言をしたのは、福島区選出の太田勝義議員です。まったく、何をどう考えたらこんな発言できるのでしょうか?ちなみに、僕のブログの以前の記事に、太田議員の息子のブログへのトラバがあります。もし良かったらご覧ください。輪をかけた(自主規制)な発言がご覧になれるかと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)