« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

ポップコーン

ポップコーン
100円ショップで買い物してたら、ポップコーンの原料の豆が置いてありまして…

久々に食べたいと思い、作り方通りに作ったところ………

多過ぎ(T_T)
鍋焦げるし(T-T)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

総移動距離・・・?

本日のイベントは・・・。

渋谷でピアニストと練習。

大久保でリガチャーの試奏。

ティアラこうとうで使用料金の前払い。

 

 

今度、クラリネットの難曲、ルイ・シュポアのクラリネット協奏曲第一番を演奏するのですが、本日はそれの初合わせ、ピアニストとも初顔合わせ、さてどうなるかと思ったのですが、意外にスムーズに進行しました。自分の演奏がグダグダになるかと心配したのですが、そうでもなく・・・、ホッとしました(苦笑)。

その後、大久保に移動なんですが、山手線で新大久保、そこから徒歩で移動したので、そこそこ歩きました。

大久保では、いつもの石森管楽器で、オリジナルブランドのリガチャーの試奏。ここから0038氏が合流。と言うか、0038氏が「新しいリガチャー買おうかな・・・」と言うのに便乗して、ええのあらへんかな、と一緒に物色しに行ったのです。

 

で、木霊というシリーズを中心に試奏したのですが、昔吹いたときほどの感動が得られず・・・。今回はパス。しかし、0038氏は新しいリガチャーが何としても欲しい・・・。新宿のドルチェ楽器に移動し、またまた物色・。

彼の使っているリガチャーは合成皮革素材なんですが、その素材がへたった状態が嫌いらしく、頻繁に交換したいようなのです。へたりにくい別のリガチャーにすれば・・・。と思う方もおられるでしょうが、そうはいかないのが演奏家の悲しい性、これでないと・・・なんです。 

ドルチェ楽器では気にいるものがあったようで、ご購入。僕もなんでか、試作品の親指当てをもらってしまいました。ありがとうございます、必ず何か買い物にきます(苦笑)。

 

新宿で0038氏と別れ、僕は地下鉄で住吉駅へ。住吉・・・懐かしい響きや・・・。 

ティアラこうとうでの要件は簡単に終わったのですが、錦糸町駅に歩いていきたかったのに、到着したのはティアラこうとうと住吉駅を中心に90°の関係にある、菊川駅・・・。

方向を間違えた・・・。戻って、また正しいと思われる方向に歩き・・・。

一日十分な量を歩きました(苦笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

コンサートに行ってきました!47・48・49(三つまとめて・・・)

さっさと書けばいいものを、後回しにしてしまって自分の首を絞める・・・。

ってことで、コンサート記録も三つまとめて・・・。演奏者の皆様、申し訳ありませんです。

5月31日。谷尻忍クラリネットリサイタル

6月11日。クニタチフィルハーモニカーアンサンブル第7回定期演奏会

6月12日。総銀製クラリネット「リベルタ」の響き

谷尻さんのお名前は、愛読誌「パイパーズ」での記事や、最近知り合ったクラリネット吹きの人からよく聞いていました。大阪時代も、「イデアルクラリネットアーベント」で演奏を聴かせていただいたこともあります。当時はヤマハ使用されてましたが、その後ドイツのメーカーに楽器を変更され、それから聴くのは初めて、とのことで楽しみでした。

 

素晴らしい音楽、表現でした。音圧の高さもそうですし、音色の、表現に対する自在さも勉強になりました。打ち上げにも参加させていただき、いろいろ話させていただきました。

(後日、マウスピース選ぶ手伝いまでしていただき、ありがとうございました!)

 

6月11日。

前回のコンサートも楽しませていただいたのですが、今回も非常に楽しい、と言いますか、大学卒業してからのプロデビュー時に演奏した曲なんかも演奏されてました。

とても、言葉にならないくらい素晴らしい演奏会でした。ニールセンの木管五重奏曲が白眉で、懐かしさと素晴らしさに異常な興奮を覚えました。落ち切ってたテンションもずいぶん戻りました!マルティヌーの「4つのマドリガル」という曲も演奏されてましたが、オーボエの杉浦さんがぜーはーぜーはー喘ぎながらの演奏で、「あー大変そうや(苦笑)」と思ったのは、ここだけの話とさせてください(笑)

 

 

6月12日。

新宿ドルチェ楽器がオーダーして作らせた、世界にまだ一本しかない、総銀のメタルクラリネットのお披露目コンサートだったのですが、演奏者は若手の渡邊氏。客には師匠なんでしょうね、ビッグネームが大挙して押しかけてて、あんな雰囲気で演奏するのはつらかったやろうな・・・。

しかも、楽器自体もまだまだ改良が必要で、音程がしっちゃかめっちゃか、大変に苦労しながら吹いてはりました。指で補正しきれないから口や吹き方で矯正しようとして、ミストーンも出てしまったり・・・。大変でした。お疲れ様でした。

そんなわけで、一番良かった曲目がクラシックより、アンコールのボサノヴァやった、というのも仕方ないのかな?(苦笑)ボサノヴァのときは音色も表現もイキイキしてるように感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

訃報が続く…

三沢光晴氏に続き、プロレス・レフェリーのテッド・タナベ氏…

そして、Michael Jackson………

年代が近いんですよ………

ご冥福を心よりお祈り申し上げます………

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

ご当地「けんけつちゃん」

無題先日、初めての成分献血を行いました。普通の400ml献血では、次回献血までに4か月のインターバルが必要なんですが、成分献血では、一度抜いた血液を遠心分離し、血小板を取り出した残りの赤血球などを体内に戻すため、インターバルは2週間で済むとのこと。

血を取り出し、分離し、戻し・・・。を数回繰り返すため、時間はかかりますが、血小板は保存が効かないみたいなので、積極的に協力していきたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

三沢さん・・・。

びっくりしました・・・。

確かに、最近は練習不足なのか、お腹がでっぱりすぎてましたが・・・。

しかし、まだ死ななくてもよいじゃないですか!!!なんで・・・。 

 

 

三沢光晴さん、謹んで、ご冥福をお祈りいたします・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眼帯

金曜日から、やたら目やにが出るなぁと思ってたら、昼過ぎから腫れも見られるようになり…。

普段コンタクト使用してるので、曇って見えないんですね(泣)。

翌日には症状落ち着くやろ、と思ってたのですが、確かにマシですがまだ真っ赤っ赤。

今眼帯つけました(苦笑)眼鏡に眼帯………別の意味で、見てられません(T-T)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

音楽隊員募集です。

http://www.police.pref.chiba.jp/recruit/adoption/special/

千葉県警察で、クラリネット、トランペット、トロンボーンの専門職を募集しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

90億円

突然タイトルに90億円、と書かれてもさっぱり分からないと思いますが、90億円なんです。

 

 

・・・。今僕はアマチュアオケに参加させていただいてるのですが、そのオケが、「ストラディバリウスサミット」のメンバーと楽器を連れてきてのマスタークラスを行ったんです。最初は、弦楽器セクションだけがその御利益にあやかれる、だったのですが、メンバーが「管楽器も入れようや」と日本語では言いませんがとにかく管楽器も入れての合奏を聴きたいと言い出し、フルメンバーでのマスタークラスと相成りました・・・・・。

 

なのですが、僕は仕事の都合で会場到着が開始時間ギリギリ、失礼があってはならないので、演奏は他のメンバーに任せて客席から演奏を聴くことにしました。 

 

・・・。奇跡の時間でした・・・。最初オケメンバーだけで演奏、次にベルリンフィルメンバーも加わっての指導が始まりましたが、メンバーは加わったとたん、弦楽器の音量が3割から4割増し(苦笑)。管楽器もそれにつられて気合いの入った音を奏で、最後の仕上げは物凄い演奏になっていました。

名手というのは凄いもので、メンバーの半分くらいはストラドをそのまま使用して、一部は契約の都合上、一緒に弾いたときはストラドを使わなかったのですが、それでも物凄い音量でした。弘法筆を選ばず、しかし名手こそ楽器を選ぶのでしょう。

マスタークラスの後、バーバーの「弦楽のためのアダージョ」アンコールにモーツァルトを引演奏していただきました。しびれました。素晴らしすぎて、説明の言葉がありません・・・。

 

短い時間でしたが、レセプションもあり、サイン貰いまくってしまいました。家宝にしたいと思います(笑)

で、タイトルなんですが、ストラディバリウスサミットのメンバーが使う、ストラディバリウス、楽器総額で約90億円なんですと。もう世界遺産クラスだと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンサートに行ってきました!46(一年の成長)

今回のコンサートは、2009年5月8日(もう一か月前だ)に新宿で行われた、

 

ぐるぐるホルンカルテット 2ndコンサート

です。

2nd、であるから1stもあるわけで、前回はカテゴリナンバー25、2007年9月に行われていました。そんな前やったっけな?

 

なんとなく記憶には残っていたのですが、ぶっちゃけものすごく上手くなっていました。びっくりです!いろんな本番やコンサートで演奏し続けてきたらしく、アンサンブルもこなれてきていい感じ、音色も素晴らしかった、ただ面白かったのが、音が一番パワフルだったのが女性だったということ(笑)。世の男性陣、奮起せよ!!!(俺もか)。

 

のちのち出演者に話ちょろっと聞いたのですが、相当にいっぱいいっぱいだったらしく、「ボロボロやったわぁ」などと言ってましたが、手ごたえは感じていたみたいです。これからもぜひ頑張っていただきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »