« 風呂 | トップページ | 疲れたときは・・・。 »

2008年6月 2日 (月)

コンサートに行ってきました37&38(見た目も重要)

5月最後の週末金曜土曜と、2日続けてコンサートに行きました。

野田篁一と仲間たち(ホルン、オーボエ、クラリネット&ピアノ)ドルチェ楽器東京

横浜オペラ未来プロジェクト2008 オペラ『秘密の結婚』

 

ドルチェでのコンサート、ライネッケのホルントリオ(ホルン、ピアノと、オーボエ&クラリネットが入れ替わり)に、ブラームスのクラリネットソナタ第2番が加わる3曲構成。

素晴らしいホルンでした。どうしても、歳をとってくると、「年齢との戦い」というものが付きまとってきます(年齢と戦う以前の問題の人も居ますが)。野田先生、まだまだ現役バリバリです。良かったです。オーボエはオールドファッションなスタイルで、今時あんなのはなかなか聴けないんでは?クラリネットは・・・、まず髪の毛を切ってくれ。オンザ眉毛は見苦しいっス。

あと、息漏れ。自分も昔やってて、今改善したんでよく分かるつもりですが、あれ良くないですね。特にお客さんと距離が近いと、うるさい。奏法的にも、唇の力が弱いから息漏れするのであって、唇の力が弱いと、フォルテでリードを支えられない。となると、フォルテが鳴らない、表現の幅が狭い、と、悪循環まっしぐら。ちょっと意識すれば、すぐ直るのに・・・。生徒教えるとき、どんなこと言ってるのやろ?

 

翌日は横浜まで遠出。オペラです。なんでも、「横浜オペラ未来プロジェクト」というのは、4回目になるオペラプロジェクトで、「横浜から世界へ」をモットーにしたものとか。要は若手の研鑽の場を提供しようと言う事なんでしょう。ま、オケプレーヤーとしても、オペラなんかなかなか演奏できないですし(歌手も同様か)、オーディションに通りさえすれば、なかなか良い経験となると思います。俺もやってみたいし。

 

ほぼ初オペラだったのですが、なかなかに楽しめました。確かに、「秘密の結婚」というプログラムはマイナーですが、分かりやすい台本、美しい音楽、肩肘張らない雰囲気がとっても良い感じだったと思います。演奏も、若手プロジェクトという観点ではくくれないほどレベルが高かったように思います。

 

千葉に戻り、ある店で坦坦麺を食べたのですが、あんまり美味しくなかった上に、卸したてのグレーのストライプジャケットにスープが跳ねてシミが・・・。最後の最後でケチがついてしまいました。もうあの店二度と行かないでしょう。

|

« 風呂 | トップページ | 疲れたときは・・・。 »

自分と音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33360/21368162

この記事へのトラックバック一覧です: コンサートに行ってきました37&38(見た目も重要):

« 風呂 | トップページ | 疲れたときは・・・。 »