« 3連休じゃない3連休 | トップページ | 楽器屋も周りすぎると・・・。 »

2008年2月16日 (土)

コンサートに行ってきました32(東京佼成の室内楽)

今週末は予定が完全に詰まっております。珍しい。しかしなかなかにキツそう・・・。

 

 

で、まずは第一弾、東京佼成ウインドオーケストラ第96回定期演奏会。

21世紀に生きるマエストロ・フェネルの遺産、という副題。内容は普段なかなか聴けない管楽器を中心とした中規模編成の室内楽。大きくても、ホルストの第一組曲、というホントにオーケストラから弦楽器を除いたような編成の曲ばかり。

全体を通しての感想なんですが、少々音程の怪しいパートがちらほら。残念です。特に、トランペットが危険でした。音色が完全に開ききってしまい、そのせいかピッチは上ずるし音量を下げるとふらつくし・・・。大丈夫な曲と危険な曲があったので、もしかしたら特定のメンバーが調子を崩していたのかもしれませんが。まさか、どこぞの人のようにメインチューニング管全部入れて吹いてる訳ではないだろうが・・・。 

 

あと、昔から居る、あるプレーヤーに衰えが見えた、というのも考えさせられるものがありました。同行した人(クラ)は「ショックでした・・・」と言ってましたし、本当に身につまされるというか・・・。現状維持を続けよう、では年齢があがるにつれて下手になるのではないか?やはり、常に向上を目指さねば下手になる一方ではないか?などと考えてしまいましたね・・・。

変な話ですが、ある曲でかなりウトウトしてたんですが、クラリネットのプレーヤーがミスする寸前で目が覚め、ミスを確認した後、またウトウト・・・。なんでそんなんかな?申し訳ないっす。

 

 

 

批判的に書いていますが、おおむね楽しめたのも事実。第一組曲なんか結構良かったですし。テレビカメラも入っていたから、またいつか放送するはず。その時はぜひ見たいものです。

やはり、コンサートはライブに限る!勉強になりました!

|

« 3連休じゃない3連休 | トップページ | 楽器屋も周りすぎると・・・。 »

コンサートに行ってきました!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33360/10534536

この記事へのトラックバック一覧です: コンサートに行ってきました32(東京佼成の室内楽):

« 3連休じゃない3連休 | トップページ | 楽器屋も周りすぎると・・・。 »