« コンサートに行ってきました32(東京佼成の室内楽) | トップページ | コンサートに行ってきました33&34(またもやハシゴ) »

2008年2月19日 (火)

楽器屋も周りすぎると・・・。

翌日、大阪フィル東京定期演奏会に出演するというでむ君がやってきました。

「遊んでくださいよ~」こちらにも異論は無く、「どっか行きたいとこあんの?」「とりあえずDAC(新大久保の楽器屋さん)には行ってみたいです・・・。」特になんにも予定を立てないまま、一日がスタートしました。

 

まずは新大久保。DACに行きました。でむ君はチューバ奏者、やはりチューバに興味があるのですが、何せ関西にはグランド楽器という低音管楽器の聖地があり、そこと比較すると、一般的な品揃えでは満足できないよう。滞在時間約20分。

その後、近くの石森管楽器へ。でむ君には直接関係ないものの、リガチャーの新製品が発表されたとあっては見に行かない訳にはまいりませぬ。でむ君に了解を得て、見に行きましたが・・・。

まだ発売前で、試奏(この単語、一発で変換せえへん)しか出来ず。「売ってくれ!」「さすがに無理です・・・」非常に良いものだったので、発売されたら連絡くれるように頼みました。試奏を聴いてたでむ君も、「リガチャーでこんなに変わるもんなんですね」と。だからコレクターのように集めてしまうのです。

 

そんなこんなしてる間に昼飯時。新宿方面に歩き、いつものラーメン「二郎」で昼食。ケチな僕ですが、たまにはご馳走でもしようか(安いですがね)という気になりまして・・・。出させていただきましたが、感想をいただいて曰く、

「やっぱちょっとしょっぱいですね。僕の口には・・・」ラーメン代出すんやなかった(笑)。美味しい美味しいと食べてた僕は、関東の味に馴染んできてるのか?うどんとかそばの出汁の黒いのには未だに慣れないのですが・・・。

 

次はドルチェ楽器。ここは完全に見るだけ(笑)。チューバの展示ないし、あぁ色々ありますねぇ程度。

観光もせんといかんと、次に行ったのは東京都庁。展望台はタダで昇れるので、貧乏人にはやさしい観光施設。行ってみると、翌日の東京マラソンに向けての準備が着々とすすんでおりました。某テレビ局の中継車も来てましたし、物資も搬入されてましたね。

 

まぁ、昇っても何するでもなく、辺りを見回し「富士山見えへんなぁ」などとまったり。しかし降りてみると、エレベーター前には順番待ちの行列が。「ええタイミングでしたね」「ほんまやな、ちょっと遅かったら混雑しとったで」などといいつつも彼は写真をパチリパチリ。

 

タワーレコードは店によって品揃えが違う、ということで次は「タワレコ行ってみたいっす。」 

 タワーレコードは掘り出し物の宝庫、しかし今回は特に珍しいものが発見できませんでしたが、でむ君はマーラーの復活のDVD、僕はトロンボーンソロのCDにカラヤンの大阪でのライブDVDを購入。 

伊勢丹まで移動したのち、茶をしばきながら四方山話。そこから「近くの楽器屋さんは?」と石橋楽器へ。これが管楽器ほとんど扱ってなく、銀座まで(わざわざ)移動し山野楽器へ。ついに楽器屋めぐり5件達成!でも「東京も楽器屋あんまり変わらないですね」と最初に出てた結論を再確認しただけやったのか・・・。

 次の予定のあるでむ君と別れ、僕は木村屋であんぱんを購入。アップルストアを冷やかしながら有楽町線六本木一丁目駅へ向かうと、なんと駅そばにヤマハ銀座店仮店舗が。なんでも改装の間の仮店舗がここに来てるらしく、せっかくなんで見学。そしたらちょっとした掘り出し物を見つけたので購入。 

 

長かった一日は結局楽器屋6店舗にその他そこそこという結果に。楽しんでもらえたかはよう判らんのですが、まぁええか。翌日を楽しみにしながら、部屋に戻りました。 

 

(翌日に続く)

|

« コンサートに行ってきました32(東京佼成の室内楽) | トップページ | コンサートに行ってきました33&34(またもやハシゴ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も、大学受験生の頃石森によくお世話になっていました。リガチャーやベックで本当に変わりますよね。私ももう、ありえないほど所持しています。お疲れ様です☆

投稿: tomdan | 2008年2月21日 (木) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33360/10606388

この記事へのトラックバック一覧です: 楽器屋も周りすぎると・・・。:

« コンサートに行ってきました32(東京佼成の室内楽) | トップページ | コンサートに行ってきました33&34(またもやハシゴ) »