« みんな、考えようよ。 | トップページ | やってもた・・・。(編集1月19日) »

2008年1月15日 (火)

コンサートに行ってきました30&31(はしご・・・?)

はしご酒、などという言葉があります。今の職場では厳禁です。しかし、ほとんど飲めない僕には関係ない(かもしれない)言葉です。

 

今回は、「はしごコンサート」のお話。

 

1月14日、上司にコンサートのチケットを頂戴いたしました。「コルソ・ウィーン」という、ウィーン・フィル公認の室内オケ団体の演奏会。実はどんな団体かよく知らないままコンサートに向かったのです。(13:30開場、14:00開演。東京オペラシティ) 

 

朝は新大久保の楽器屋に行き、会社の楽器を調整(自腹。持出し許可は得てます)。リードや小物をまとめ買い。歩きで新宿方面に行き、ラーメン「二郎」で食事。時間に余裕が無くなったため、新宿から電車で一駅、初台へ。東京オペラシティ、よくよく縁があるのか、かなり回数来ている気がします。

 

さて、演奏。もう、優雅!のひと言に尽きます。少人数のオーケストラだと、時折感じられる音程感の微妙なズレがほとんどなく、なんともふくよかな響き。管楽器も、一人ひとりの音色は若干堅い目(本拠地が良く響くところってのもあるでしょう)なんですが、それが絶妙に溶け合うことと言ったら!アレは真似できませんわ・・・。

ウィンナホルンでのモーツァルトのホルン協奏曲第4番、ポルカ、ワルツ、マーチ、日本のオケでは感じられない「優雅さ」をお腹一杯堪能しました! 

 

で、終わったら良い一日なのですが・・・。 

 

その後、またも新大久保に(今度は歩きのみで)移動。O氏の楽器購入の見学(笑)。楽器の選定に来た大浦先生(チケット用意していただいたことも)にご挨拶。しばらく見学したあと、natsuko氏に誘われた室内楽の演奏会のため、市ヶ谷へ。 

 

福川伸陽英国武者修行帰国記念コンサート(たぶん、こんなタイトル)

 

 

日本フィルの首席ホルン奏者福川氏が、一年イギリスに留学してきて、その成果の発表?インターネットでもほとんど宣伝されてないようでしたが、会場は超満員!消防に関係したこともある身としては、収容人員を大幅に超えてないか、ちょっと気になるところ(笑)。

 

 

まぁこの演奏会が非常にレベルの高いものでした。「昔から一緒に活動したりしてる仲間たちと」と、福川氏(26歳だそう)の言葉通り、大阪フィルコンサートマスター長原氏や、たぶん同学年の人、日フィルの団員さんとか、若くて腕の立つ人と演奏されてたのですが、音楽を演奏する楽しさ、真剣勝負感、喜び、そんなことを感じながら聴いていました。 

 

そんな演奏にあてられたのか、帰りの電車は非常に悶々とした気分を抱えてしまいまして・・・。今の自分は、あのレベルに加わって違和感ないか、そんな仲間は居るのか(これは大阪に帰れば、大丈夫・・・かな?皆さん、よろしくです)、友達のいない孤独感とか、そういったものがごちゃごちゃに絡み合い、悶々悶々欝欝・・・。

 

こんなん、飲まな寝られへん、と、コンビニで梅酒の300mlビンを買い、その・・・5分の1くらい飲んだら余計に眠れなくなってしまいました(バカ)。 

精神的に昂ぶってるときのアルコールは逆効果、ということを一日の閉めに学びました・・・。

|

« みんな、考えようよ。 | トップページ | やってもた・・・。(編集1月19日) »

コンサートに行ってきました!」カテゴリの記事

コメント

初めまして。私もクラリネットを吹いています。こちらへはちょこちょこ遊びに来させて頂いています。リンクを追加させていただきました。・私はブログを始めたばかりですがよろしければ相互リンクしていただけると嬉しいです。宜しくお願いします。

投稿: tomdan | 2008年1月28日 (月) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33360/9906060

この記事へのトラックバック一覧です: コンサートに行ってきました30&31(はしご・・・?):

« みんな、考えようよ。 | トップページ | やってもた・・・。(編集1月19日) »