« 徒労・・・。 | トップページ | 寒いですねぇ。 »

2007年11月25日 (日)

日本管打楽器コンクール

本年度はクラリネット・ファゴット・ユーフォニアム・チューバの4部門が開催され、一応くら吹きのNべも受験しました。

 

年齢制限もあり、今回が最後になります。たぶんほとんどのコンクールで年齢制限に引っかかることでしょう。

そんな最後のコンクール、自分なりに一生懸命練習しましたが(締め切りギリギリになって練習してもアカンのですが)、結果は一次予選敗退。しかし、自分でもビックリするくらい普通に吹けました。もちろん、アガリ症は出てるんですが、それをコントロールできるようになったようで・・・。上手くいくところはいつも通り出来、いくら練習しても不安があったところはやっぱり失敗し・・・。いろんな意味で、「普段通り」の演奏でした。

 

自分の演奏が終わり、一次予選の残りの人を聴いていましたが、「なんや、最近の若い人はこんなもんかいな・・・」と、少々驚きました。上手い人が少ない!ま、負けた僕が言うのもナンですが(苦笑)。 

 

そして一週間後、2次予選を聴きに行きました。朝方、新大久保の楽器屋さん(DAC)に行って簡単な調整と、O氏のマウスピース購入のお手伝いをし、ラーメン「二郎」新宿小滝通り店で昼食。大変な量の多さで、満足&少々腹がキツい・・・。

二次予選、聴けたのは8番目の方から。この方、篠原さんは東条で1位を取った人。フランス留学から帰国し、いよいよ活動の拠点を日本に置くとか。関西クラリネット界もいよいよ若手戦国時代の幕開けか?

二次予選、と言っても、本当にビックリするくらい上手い人は数少なく、「これならオレもミスを減らせば何とかなるかな・・・・・・?」なんて勘違いできそう。

 

ちょうどこの記事を書いている最中に本選の結果も出たようで、1位は自分の中では○○疑惑が持ち上がって演奏を聴くどころでは無かった(だって、あまりに不自然だったんですよ・・・。でも、演奏も聴いてましたよ!物凄く安定感のある、一切の不安を感じさせない演奏でした)、Stolbovさん。2位には、自由曲に2つの現代作品を持ち込み、圧倒的なテクニックとパフォーマンスを披露してくれたCarter Timothyさん。自分の中ではティモシーさんが1位かと思ってたんですが、本選での演奏が影響したのでしょうか。

 

2次予選の審査終了後、審査員の方に講評を伺うことができました。お話を聞けたのは武田忠善日本クラリネット協会会長、四戸世紀読響首席奏者のお二人。

「良い響きしてる。楽器が良いから(笑)?」

「響きがフォルテに偏りすぎてる。もっとピアノを活かして!」

「細かいアーティキュレーションになったとき、音が飛んでしまっていた」

「仕事人?そこらの学生ではない雰囲気でした」

「コンクールだから、これ一本に絞って練習してる人はもっともっと精度の高い練習してるよ」

 

 

 

楽器の話はともかく(笑)、良い響きしてる、と言われたのは自分としてはかなり嬉しいです。でも、それもピアノが活かしきれてなければ意味を持たないですね。仕事が仕事なだけに、非常に難しいと思いますが・・・。「仕事人?」というのも、そんなところから感じた印象だったのかもしれません。

細かい練習、というのは、今回一番の反省点。細かく(それこそ、メトロノームをめちゃくちゃゆっくりから丁寧に練習するような)練習しだしたのは本番2週間前くらい、ってのはどうにもあきません。退屈な練習に耐えられる精神力と時間を見つけることが課題でしょうか。

 

いろいろ課題も収穫もあった今回のコンクール、最後にひとつ。 

 

 

「世の中、クラリネット吹きが多すぎる・・・?」

 

好き、だけではこの商売、続かないですよね・・・。でも・・・?

音楽ブログランキング

久々に記事内に登場!ブログランキングに投票お願いします!

|

« 徒労・・・。 | トップページ | 寒いですねぇ。 »

自分と音楽」カテゴリの記事

コメント

春野さま


コメントありがとうございます。たぶんリアルでお会いしたことはないのでは?と思います。何かのご縁でブログにたどり着き、訪問させていただいております。

 
楽器の話、たしかにT会長で、僕の使用楽器も「トスカ」、完璧な的中率です!(笑)
 
僕が聴いていた一次予選でも、結構トスカ率高かったのですが、「この楽器でこれかい・・・」と思うこと多々ありました。結局、楽器じゃないんですよね。その人にぴったり合いさえすれば、プラ管でも何でもいいはずですよね(プラ管は言いすぎか)。実際、本選一位二位の方は二人ともトスカじゃないし。
 
高校生の頃、T先生のお弟子さんと受験で一緒させていただいたのですが、かなり協力にB・Cの楽器をプッシュされたとか。そんな関係もあるかも。そして、好意的に考えれば、めちゃくちゃ「楽器マニア」なのかもしれませんね(笑)。僕も人の使ってる楽器は気になるほうですし(苦笑)。でもやはり講評に書いちゃうのは、どうっすかねぇ…。

コメントありがとうございました!これからもよろしくお願いいたします。

投稿: Nべ | 2007年11月26日 (月) 18時30分

Nべさん

こんにちは。時々私のブログにも来てくださっているようで、ありがとうございます。
リアルでお会いしたことありましたでしょうか?


コンクールお疲れ様でした。
それにしても、うちのT会長が講評でまた「楽器」に言及したのですか?
四戸先生はそんなこと言わないからきっとT会長でしょう。
Nべさんはクランポンのトスカではないのでしょうか?
いい加減に審査講評で「楽器」に言及するのはやめて欲しいと思っているのは私だけではないと思います。

音楽に一途な人は羨ましいです。是非クラリネットの夢をかなえるよう頑張ってください。また、ときどき来てみます。

投稿: 春野おがわ | 2007年11月26日 (月) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33360/9110516

この記事へのトラックバック一覧です: 日本管打楽器コンクール:

« 徒労・・・。 | トップページ | 寒いですねぇ。 »