« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

コンサートに行ってきました28(クラリネット)

11月も終わりの28日、東京オペラシティリサイタルホールに、

青山秀直 クラリネットリサイタル

を、聴きに行きました。

 

 

昨年4月、初めて東京でのオーディションのために向かった道を、今こうして辿っている…。不思議で、何とも言えない気分になってきます。あの頃は夢も希望も無い不安感で一杯でしたが、今は(夢も希望も無いのは一緒ですが)少なくとも不安感は減っております。今読み返すと、精神状態がホントに不安定なのが…(苦笑)

 

青山先生は大学の先輩かつ困ったときにお世話になった先生であります。やはり昨年でしたか、コンサートのお手伝いもさせていただいたことがあります。

 

感想ですが、とても繊細な表現で、自分が出来ないことを軽々とこなされていまして、さすがです。ただ、ホールの音響の問題なのか、ピアノがフォルテで弾いたときにクラリネットの音が負けてしまっていたような…?無伴奏の現代曲「連歌」では、その絶妙なピアニシモにシビレました。凄かった!あんな演奏聴くと、自分も「ゲンダイ曲キライ!」などと言わずに勉強しないとなぁ、などと思います。 

 

他のプログラムは、つい先日もコンクールの2次予選で聞いたようなプログラムで、表現の根本的な違いが本当に面白かったです。コンクールでの、野心と欲でギラギラした音楽に、緊張のスパイスが効いたコッテリした音楽、青山先生の、抑制の効いた大人の音楽、どっちもおもろいなぁ!

 

もっと発表の場を見つけて、積極的に外に行かねば、と改めて強く実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

寒いですねぇ。

寒い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

寒い日には暖まるものが食べたい、ということで、夕食の献立を考えたところ、ふと思いついたのが、

 

「もつ鍋」

 

単なる思い付きですが、なんでも作ってみよう!

しかしスーパーに売っていたのが豚もつ。ニラともやし、普通はキャベツなんだろうが、高くて冷蔵庫のスペースが無いので、ほうれんそうに変更。ニラとほうれん草、緑が鮮やかでええなあ!

さて下処理、二回茹でこぼしをし、湯には酢を加えて臭みを取ろうとしたのですがこれが難しい!結局臭いを取りきれた感のないまま・・・。

湯を沸かし、だしの素をいれ、味噌をとき、もやし、にら、ほうれん草、もつを投入!30分ぐつぐつ煮込んだら、それなりのものが出来ました!

 

 

でも、店で食べるようなやわらかさではなく…。これは煮込む時間が関係するのか?

試行錯誤の日々は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

日本管打楽器コンクール

本年度はクラリネット・ファゴット・ユーフォニアム・チューバの4部門が開催され、一応くら吹きのNべも受験しました。

 

年齢制限もあり、今回が最後になります。たぶんほとんどのコンクールで年齢制限に引っかかることでしょう。

そんな最後のコンクール、自分なりに一生懸命練習しましたが(締め切りギリギリになって練習してもアカンのですが)、結果は一次予選敗退。しかし、自分でもビックリするくらい普通に吹けました。もちろん、アガリ症は出てるんですが、それをコントロールできるようになったようで・・・。上手くいくところはいつも通り出来、いくら練習しても不安があったところはやっぱり失敗し・・・。いろんな意味で、「普段通り」の演奏でした。

 

自分の演奏が終わり、一次予選の残りの人を聴いていましたが、「なんや、最近の若い人はこんなもんかいな・・・」と、少々驚きました。上手い人が少ない!ま、負けた僕が言うのもナンですが(苦笑)。 

 

そして一週間後、2次予選を聴きに行きました。朝方、新大久保の楽器屋さん(DAC)に行って簡単な調整と、O氏のマウスピース購入のお手伝いをし、ラーメン「二郎」新宿小滝通り店で昼食。大変な量の多さで、満足&少々腹がキツい・・・。

二次予選、聴けたのは8番目の方から。この方、篠原さんは東条で1位を取った人。フランス留学から帰国し、いよいよ活動の拠点を日本に置くとか。関西クラリネット界もいよいよ若手戦国時代の幕開けか?

二次予選、と言っても、本当にビックリするくらい上手い人は数少なく、「これならオレもミスを減らせば何とかなるかな・・・・・・?」なんて勘違いできそう。

 

ちょうどこの記事を書いている最中に本選の結果も出たようで、1位は自分の中では○○疑惑が持ち上がって演奏を聴くどころでは無かった(だって、あまりに不自然だったんですよ・・・。でも、演奏も聴いてましたよ!物凄く安定感のある、一切の不安を感じさせない演奏でした)、Stolbovさん。2位には、自由曲に2つの現代作品を持ち込み、圧倒的なテクニックとパフォーマンスを披露してくれたCarter Timothyさん。自分の中ではティモシーさんが1位かと思ってたんですが、本選での演奏が影響したのでしょうか。

 

2次予選の審査終了後、審査員の方に講評を伺うことができました。お話を聞けたのは武田忠善日本クラリネット協会会長、四戸世紀読響首席奏者のお二人。

「良い響きしてる。楽器が良いから(笑)?」

「響きがフォルテに偏りすぎてる。もっとピアノを活かして!」

「細かいアーティキュレーションになったとき、音が飛んでしまっていた」

「仕事人?そこらの学生ではない雰囲気でした」

「コンクールだから、これ一本に絞って練習してる人はもっともっと精度の高い練習してるよ」

 

 

 

楽器の話はともかく(笑)、良い響きしてる、と言われたのは自分としてはかなり嬉しいです。でも、それもピアノが活かしきれてなければ意味を持たないですね。仕事が仕事なだけに、非常に難しいと思いますが・・・。「仕事人?」というのも、そんなところから感じた印象だったのかもしれません。

細かい練習、というのは、今回一番の反省点。細かく(それこそ、メトロノームをめちゃくちゃゆっくりから丁寧に練習するような)練習しだしたのは本番2週間前くらい、ってのはどうにもあきません。退屈な練習に耐えられる精神力と時間を見つけることが課題でしょうか。

 

いろいろ課題も収穫もあった今回のコンクール、最後にひとつ。 

 

 

「世の中、クラリネット吹きが多すぎる・・・?」

 

好き、だけではこの商売、続かないですよね・・・。でも・・・?

音楽ブログランキング

久々に記事内に登場!ブログランキングに投票お願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

徒労・・・。

今日、「徒労」という言葉の意味を実感しました・・・・。

 

 

何を言っても、全く見当違いの話が返ってくる・・・。単純な質問だったのに、やたらとスケールのでかい話が返ってくる・・・・。僕の聞きたいことはそんなんではないのに・・・・。

 

 

 

まぁったく話が通じない・・・・。疲れました。

 

 

徒労とは?(yahoo!辞典より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

笑いの神か、疫病神か

先日、音楽隊の第16回定期演奏会が行われました(千葉県文化会館)。

一日、2回公演でしたが、雨にも関わらず、超満員札止め(座席が完全に満タン)という、物凄い集客でした。ご来場いただいた皆様、ありがとうございます。

 

で、Nべももちろん出演なのですが、ドリル演技だったり楽曲の演出などで出番を頂きまして、ちょこちょこっと動いたりしたのです。

 

一回目の公演での、ドリル演技での粗相は書いても仕方ないので、あえてスルー(ほんまに焦りました…)。二回目のあの曲にて、事件は起こりました…。

 

ジャパニーズ・グラフィティⅩ「時代劇絵巻」。消防音楽隊時代にも何度も演奏した曲です。こちらでは何故か(大江戸捜査網)を大幅にカットしてますが(理由は・・・もうわかりますよね?)、まぁとりあえず演奏しています。で、この曲での演出の一部(水戸黄門より、「ああ人生に涙あり」)に、隊長が付け髭に頭巾をかぶり、僕が懐から印籠をだす、というものがありました。

 

一回目公演では隊長もジャストのタイミングで準備して振り返ってくれたのに、二回目では大幅にタイミング早く振り返っちゃって、「ちょっと、ちょっとちょっと!」印籠なんかずっと出してても恥ずかしいだけなんで、僕は予定のタイミングで出したんですが・・・。

 

 

 

 

汗ですべった

 

 

 

 

印籠だして、ポーズを決めた、と思ったら、ちゅるっと印籠がすっぽ抜けてしまい・・・。紐が手に引っかかって墜落は免れたのですが、いやぁ大変でした。

「演出ですか?」「その通りです!」

終演後のお見送りでのお客様との会話の一部なのですが、あんなの演出で出来るわけが無い(苦笑)。 

しかし、あんな状況を作り出したのは笑いの神では無く疫病神だったようで・・・。

 

 

大慌てでの撤収作業後、乱れきったアンブシュアを整えようと30分ばかり隊でロングトーンを練習し、さぁ帰ろうとなったとき、「財布忘れた・・・」

 

控え室にコインロッカーがあり、そこに財布をつっこんだのですが、それをそのままにして戻ってきてしまったのです…。電話してもつながらないし、もうその日取り戻すことは不可能。定期券もわずかばかりの現金も、なにも無い・・・。

 

隊から自宅へ、一時間かけて徒歩で帰宅。体中痛くなって死ぬかと思いましたよ・・・。

 

 

で、次の日。財布を取り戻しに、演奏会場へ。千葉県少年少女オーケストラが練習してました。曲はチャイ5でした。あぁ、オケ、ええなぁ…。30手前のおっさんの入団は無理ですか・・・?

「明日も練習に来るから!」と、何人かには宣言してたのですが、さすがに一日2公演のダメージは肉体に及び、自転車での移動の消耗もあって、結局練習できないまま、一日が過ぎてしまい、こうやってブログをつづっています…。 

 

 

「印籠すっぽ抜け事件」御覧になりたい方はNべまで、ご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

何件火災が減っているのかと・・・。

大阪市消防局の発表

「消防音楽隊の活動で何件火災が減っているかと言われるとつらい」

と、随分ふざけた発言をしている幹部が居ましたが、

 =======================================================================

1. 平成19年上半期の火災概況は、昨年上半期と比較して、火災件数が116件
(昨年同期比17%)、焼損程度では「全焼」が7.8倍、損害額は2.3倍増加し
た。
2. 火災原因のうち、放火(疑いを含む 以下同じ)の件数は303件で、昨年
上半期と比べ49件増加しており増加傾向にある。
また、1位放火(303件)、2位たばこ(110件)、3位天ぷら油(62件)の
3要因で全体の約6割を占めており、この順位については、過去22年間変わ
っていない。

---------------------------------------------------------------

この数字はどう考えればいいのですか?

もうちょっと前の年のデータを見たいですな。音楽隊が存在していたころの比較をしてみたい。これで、増加の伸び率が、存在しているときのほうが鈍い、あるいは減少してる、なんてことにでもなれば、「ふざけんな・・・!」ですね。何十人も路頭に迷わせ、さらに火災被害者も増やしてしまった・・・。

 

ま、単純に比較なんて出来ないのはよく判ってるつもりですが。それでも・・・。

 

11月18日は大阪市長選だそうです。皆さん、投票に行ってくれ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »