« 愚痴ってる場合やないで!! | トップページ | 何件火災が減っているのかと・・・。 »

2007年10月28日 (日)

コンサートに行ってきました27(まじめに、吹奏楽)

変則的な日程でしたが、お休みが割り当てられたのでコンサートに行くことにしました。

 

東京佼成ウインドオーケストラ 第94回定期演奏会

千葉から東京に行くには時間がかかるし、仕事終わってからだととてもギリギリになってしまうのでなかなかいけないんですよね・・・。

 

行く前にヤボ用を、と言うことで、大分曇るようになってきたコンタクトレンズの交換。メルスプランなんで、診察費用だけで済みます。診てもらうと、少々アレルギーが出ているよう。そして、(少々月額は高くなるが)より良い装用感のレンズを勧められたので、とりあえず一月試してみることに。

一月かからず、気に入りました!全然ゴロゴロする感じもなく、とても自然でした。素晴らしい!0.03ミリの差がこれほど大きいとは・・・。ま、リードもそのくらい微妙なんですが。

 

コンサートのお話。ソリストに和太鼓の林英哲さんを迎えての「飛天」三部作。に、日本人が改めて編曲した、「展覧会の絵」。

「飛天」三部作は、今回世界初演となる「飛天の祈り」を含めた3つの曲からなるもので(当たり前か)、いわゆる現代音楽であります。しかし、ゲンダイ音楽にありがちな「だから何?」感が無く、確かによく判らない部分もありますが不思議と聴きやすい。たぶん和太鼓のリズムが効いているのでしょう。

 

以前、英哲さんが、今回演奏する「飛天遊」をベルリンで演奏された映像(ベルリンフィル ヴァルトビューネ2000)を見る機会がありまして、それ以来実演があるなら絶対行きたいと思っていたのです。念願かない、開演前から異常な興奮&緊張。ドキドキしながら待っていると、隣の隣の席に指揮者の斉藤一郎さん。せ、背が高い・・・。そしてリーゼント風の髪型。真似できませんな。 

 

肝心の演奏の中身なんですが、凄かった、素晴らしい!期待以上でした!内容はやっぱり難しいんですが、でっかい和太鼓がホールの空気自体を振動させる感覚は本当に凄い。そしてリズム。複雑な拍子が連続するのですが、そのリズムがなんだか心地よい。素晴らしい演奏でした。自分のクラリネットにも、あの空気を振動させる感覚を応用できないかな・・・。 

カップリングの「展覧会の絵」。演奏は素晴らしかったです。でも、編曲はどうなんだろう?金管と木管を入れ替える、打楽器だけにする、ソロの楽器を入れ替えてみる・・・。どの部分も、ラヴェルを意識しすぎたがあまり、違和感を感じたり、「一緒やん」と思ったり・・・。 

結局、ラヴェルの影が濃厚にちらつくものでした。あの影からはもうどんな人も抜け出せないのではないでしょうか・・・。彼の編曲があまりに素晴らしいものだから、全世界の楽団がそればっかり演奏し、また聴衆もそれを求める。結果、ラヴェル編曲のイメージが強くなってしまう。そのイメージをぶっ飛ばすほどのパワーが無い限り、新たな編曲が成功することはないのでしょうね。

 

終演後、CD買ってサイン会へ。ミーハーです。指揮者のダグラス・ボストックさん、林英哲さん、作曲家の松下功さんお三方のサインを頂きました!嬉しいな。

 

チケットを融通していただいた団員さんに挨拶したあと(なんだか、佼成もめちゃ若い方増えてますね・・・俺より若いんでないかい?ってユーフォ奏者が素晴らしいソロ聴かせてくださいました)、近くで見つけたつけ麺屋へ。

値段一緒、ってことで450gの大盛りをオーダー。美味かった!量も満足、今日は良い一日やった・・・、と電車に乗るころ、腹の中で麺が膨張しだし・・・。 

 

とってもツライ一日でした(苦笑)。つけ麺を食べるときは、腹の中で膨張することも考えてオーダーしましょう。

|

« 愚痴ってる場合やないで!! | トップページ | 何件火災が減っているのかと・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

偉そうな顔している指揮者が多いなか、齊藤さんは実に何かにつけ痛快さの感じる方だと思います。

投稿: trefoglinefan | 2007年12月13日 (木) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33360/8644408

この記事へのトラックバック一覧です: コンサートに行ってきました27(まじめに、吹奏楽):

« 愚痴ってる場合やないで!! | トップページ | 何件火災が減っているのかと・・・。 »