« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月26日 (水)

久々のお出かけでおます。

ここ最近、人間として価値が下がってるんやないか、と思うことがあり、精神を磨きなおすために美術館に行くことにしました。

 

と、言っても、単なる思い付き。最初は目医者に行って、コンタクトレンズの交換をしようと思ってたくらいですから。

 

で、行ったのはこちら。「ジブリの絵職人 男鹿和雄展  トトロの森を描いた人」

スタジオジブリなどで活躍されてる方の展覧会。こういった、アニメーションの仕事が美術館で展示されることって、まず無いのではないでしょうか。展示即売会みたいなのはしょっちゅうやってますけどね。僕も行きますし。

 

自転車で10分ほどのローソンまで赴き、チケットを購入。ここで買ったら前売り料金で買えるんやないか、と思ったのですが、さすがにそれは甘かった…。ただ、ローソンチケット限定プレゼントがあるとかで、少しだけ得したみたい。 

 

電車を乗り継ぎ、向かった先は東京メトロ清澄白河駅。降りて美術館に向かうと、ここら辺は「深川」だと。深川と言えば、深川めし!思わぬ発見に少々嬉しくなりながら、店を物色。深川江戸資料館前のお店には人だかりが出来てまして、そこはスルー。もうひとつ発見した店は、深川めし1050円。少し遅い目の昼食(14時くらいでした)には、ちょっと高いかな…。ええわ、美術館見てからにしよ。2時間ばかし、腹へっても大丈夫や。 

 

…ビビりました。美術館に到着したら、とんでもないほどの行列!なんでも入場まで80分待ち!平日の昼やのに、どないなってんねん!仕方ないので、ゲームしたり携帯いじったりしながら、延々1時間以上、文句も言わずに並びました…。 

(今週が公開最終週らしく、その影響で人手が凄かったようです。こりゃ最終日はえげつないことになるな)

 

展覧会はとても良かったと思います。丁寧な仕事を積み重ねてこられた、その軌跡がジブリの映画などに現れているのですね。

070926_16251 これは、撮影可のものです。アニメーションの出来るまで、のようなものも展示されてました。

 

 

 

 

070926_1622 こちらは、「おもひでぽろぽろ」の1シーンですね。といっても、ほとんど記憶が無いのですが…。ラピュタなどに比べると、あんまり見てないですから、仕方ないですね。でも、数多くの仕事が展示されてました。

 

2時間半くらいかけて、ゆっくり見て、ちょっとだけお土産を買いました。で、そのまま常設展へ。同じチケットでそのまま入場できる、というので、行ってみました。 

070926_1702 岡本太郎さんの作品です。大阪の人間にとって、岡本太郎といえば、「太陽の塔」。同じ会場に、「エキスポタワー」の残骸で創られた作品(別の作家の作品)もあったり…。しかし、ゲンダイ美術ってのは、ようわかりません。学のない人間には、少々ツライものもありましたが…。 

 

 

ありとあらゆるものが大量に生産・消費される現代、もしかしたら美術や音楽などの芸術もそうなのかもしれません。そして、今僕が普段演奏しているような楽曲や、アニメの背景画などは、まさに大量消費されるための“モノ”なのかもしれません。

そして、“ゲンダイ”芸術に取り組む人々は、「そう簡単に消費されてたまるか!」みたいな気概が、もしかしたらあるのかなぁ?しかし、消費もされずに、ただ創られるだけ、というのもおかしなもので…。創ってる方々は、どんなことを思って、あのような作品を創っているんだろうか…?

 芸術は、それ自体はなんの生産性も持たない。

 

 

見終わって、さすがに足が疲れました。さ、深川めしを食べよう!

と、思ったら、1050円のお店は準備中の札が…。もう一軒、江戸資料館の前のお店に移動し、値札(店の中にしか無かった)を見ると…。深川めし1800円也。 

 無理です…。あきらめて、アサリの佃煮だけ買って帰りました。 

 

乗り換えの錦糸町まで、清澄白河駅からは二駅。これくらいなら、僕は歩きます(笑)。で、歩き出したのですが、これが結構距離がある!地下鉄の二駅はかなりしんどいもんだ…。 

 

 しかし、苦労の甲斐はあるもの。錦糸町駅付近で発見したブックオフにて、かねてから探していた小説を発見!!!

 

第80回直木賞(昭和53年。僕の生まれ年や…)受賞の「大浪花諸人往来」シリーズの一冊。作者はもうお亡くなりになっていて、軒並み廃刊になってしまっている。実家のどっかにあるはずなんですが、わからん…。で、ずっと探し続けているんですが、なかなか無い。しかもネットで探すと、めちゃくちゃなプレミアがついていて…。 

「この店も無いやろな」思いながら見てると、なんと発見!汚名をそそげ  浪花の源蔵召捕記事。これは、読んだことが無い!しかも105円也(笑)。電車で読み、モノレールで読み、さっきまで読んでました。で、値段を調べてみると、アマゾンでは15万円で出品してるバカが居る…。それは極端にしても、他の文庫本も2、3千円してるんで、この本も結構な値段するんじゃないでしょうか。

 

このブログを御覧になった皆様、「なにわの源蔵」シリーズの本を安く見かけた、という情報があれば是非ご一報くださいませ。

 

 

いやぁ、なかなかいい一日でした。足はだるいですが(笑)。

 

 

 

音楽ブログランキング

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

寝坊。

やらかした。最悪。

演奏。ドリルの最中、移動のとき、マウスピースにトンボが止まった。実話。かわいいけど、正直こんな大変なときにとまらなくても…。

夕方

練習に納得せず。まぁ、これは毎日そうなのだが。つねに「昨日より、今日」を目指さなくては。

昨日作ったカレーが腐った。たまねぎを飴色3分の1になるまで炒め続けたのに…。原因はマッシュルーム代わりに入れたホワイトしめじのよう…。

 

この書き方なら10分かからずに書けるな。今後も時間無い時はこれでいこう。

音楽ブログランキング       せっかくなんで、クリックして下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

コンサートに行ってきました25&26(結構前です)

9月4日、大学の同級生のデビューコンサートに行きました(9月4日)。

ぐるぐるホルンカルテット  デビューコンサート

 

仕事が終わり、猛ダッシュで駅に向かう。計算では、ほんの少しだけ遅刻してしまうのだが…。乗換えがスムーズにいき、会場のドルチェ楽器に到着したのは開演の2分前。どうも遅刻者が多かったようで、結局開演も予定より5,6分押しでした。

デビューコンサート、ということで、少々固さも見られましたが、まんずまず良かったのではないでしょうか。natsukoの4番ホルンは相変わらず絶品でした。あの低音のハリは凄いなぁ。

 

 

でも、これはアカンで、というのもあります。しゃべりです。緊張でかみまくる、というのは僕もしょっちゅうやってしまうので、仕方ないです。皆そうです。でも、何を話したらよいか分からなくなってしまう、というのはお金を取って聴きに来て貰ったお客様に失礼かな。カンペでもメモでも持ち込んで、それを読むだけでも大分と違います。「当日指名されて…」というのも言い訳にはならないでしょうね。

 

 

で、次の週(9月9日)は「家族で楽しむクラシック」というコンサートに、招待券をいただけたので行ってみました。

 

コンサートの性質から、小さいお子様を連れたお母さん達が多く、突然騒ぎ出すお子様たちを静めるのに一苦労をされてました。

僕の右隣に座られた方は、飴ちゃんを与えて騒がないようにしてたのですが、お子はそれを「ガリッガリッ」と噛み潰しちゃうんですよ!その音がまた響く響く(苦笑)。噛み潰すためにまた飴ちゃん口に入れるのを見て、「これ絶対虫歯になるで…」。そういった小手先の事をせずに、ちゃんとしつけられないもんですかね? 

 

関西の人には、「奏」と言えば「ウインド・アンサンブル」なんでしょうが、こちらでは「ストリング・アンサンブル」なようで…。その日も出演されてました。終演後、メンバーの一部の方達とお食事をさせていただきました。皆若くて、まぶしかった…。ついていけん…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

iPod classic

アップルから、iPodの新しいラインナップが発売になりました。

ヤバイです。欲しいです。今まで使っているiriverは、結局ステレオ録音が出来るので使っているのですが、新しいiPod classicはついにステレオ録音に対応した模様。

 

でかくて、重くて、電池の持ちが悪くなった、古いiriverを使う理由がますます少なくなってきた…。でも、皆と同じってのはイヤだし…。音質悪かったらがっかりだし…。携帯にもお金を回したいし…。

 

悩みます…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

ロッテ対日本ハム(9月13日)

見に行きました。

負け。しかも凡戦。パッとする見せ場もないまま終わってしまい…途中寝ちゃいましたよ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

台風

台風が来ております。

昨年、「関東は台風大変やなぁ」と人事のように言っていたバチが当たったのでしょうか。

でも、雨風にさらされながら帰宅途中、駅の自販機(くじ付)で飲料を買ったら、当たりが出ました。

 

人生、いいこともわるいこともあるもんです。

音楽ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

コンサートにいってきました24(再会と感動と)

大阪・京都ツアーから帰ってきた次の日、コンサートに行きました。なんという強行軍!

 

 アジア・ユース・オーケストラ最終公演

 

消防音楽隊の仲間の一人がオーディションに合格し、メンバーとしてツアーに参加していることを知ったのは隊の同期のY木くんからの連絡。「プログラムも派手やし、聴きに行けへん?」

行くしかないやないですか。そんなん。で、一時間だけお休みをいただき(その日は仕事です!)東京オペラシティまで行きました。

 

久々に見たY木くんは、なんだかお腹がぽっちゃりしてる…?ま、自分も人の事は言えないのです。

 

 

さて、コンサート。素直に感動しました。確かに、粗を探せばキリは無いのでしょうが、僕はそんなの探しに行ってる訳ではないので。それでも気になる点はいくつもありましたが、そんな人にかける言葉としては「アピールもええけど、アピールしすぎは逆に評価を著しく下げてまうで」。でしょうね。ハモる=聴こえない。聴こえる=浮いてる。ですね。難しいもんです。K村くんも素晴らしい演奏。あのレベルまで、なんとか追いつかんと。

 一期一会、的な存在でもあり、最後は涙を流しているメンバーも居り、思わず僕ももらい泣き。心を揺さぶられる瞬間でした。

 さて、オケメンバーに参加していた知り合いは、トロンボーンのK村くんのほかに、チューバのN村さんも居ました。こちらの方は「一万人の第九」でご一緒させていただいた方。「打ち上げ係で~す!」(僕が叫んで、N村さんは事務面を担当)。結局、お会いすることはできませんでしたが…。K村くんは、出てきたところをキャッチ。しかし、最終公演ということもあり、レセプションがあってメシは一緒には食えません。

仕方なし。ですね。Y木君と新宿あたりを探し回ってメシを食いながら1時間くらい話をしました。再会を期して、僕は千葉へ、彼は池袋の宿舎へ。

もっと練習せんと!あかんで、俺!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

26~29の4日間、大阪と京都を旅しました。同行は若い人たち。総勢9人。大まかな企画、宿の手配、交通手段の確保を担当し、さて、どうなることやら…。

 

 いつものごとく夜行バス。今回は僕のほかに8人もいるので、少しばかりお値段の高い3列シートを選択。

到着したさきは京都。向かうは新撰組ゆかりの土地に太秦の映画村。どちらも熱狂的なファンの希望で向かうことに。でも、あんまり詳しくない人でも興味深いものでした。

 特に映画村!昔遠足かなんかで行ったときはたいして面白くもなかったのに、なんだか楽しい!しかもたまたまですが、「世界妖怪会議」なるものの開催日だったらしく、「ゲゲゲの鬼太郎」特集なんかもやっとりました。夜には水木しげる・荒俣宏・京極夏彦の会談(怪談か?)もあったようなんですが、これは時間の関係でパス。夜は鶴橋で焼肉。テキトーに入った店でしたが、味もなかなかで一安心。宿舎に送り、自分は実家へ。といってもホントに寝るだけ…。

 

 二日目。この日は大阪を堪能していただく。大阪歴史博物館→大阪城→心斎橋→ひっかけ橋にグリコの看板→くいだおれで昼食→NGK付近でたこ焼き(二軒)に買い物→新世界、通天閣、串かつ→つぶれかけ(つぶれた)フェスゲ→スカイビルの空中展望台で打ち止め。

 

歴史博物館が予想以上に面白く、時間を費やしました。たこ焼きも好評で、何より良かったのが空中展望台。ブラックライトの仕掛けが施されていて、足元に銀河が浮かび上がる工夫が。美しかったですね。

 

この日でお二人が帰郷。バスの受付が終わるまで付き添い、帰宅。

 

三日目。USJ。説明いらんでしょう。最初から最後まで居ました。スパイダーマン・ザ・ライドが一番好評。相変わらずジュラシックパーク・ザ・ライドは怖かった。 

 

四日目。京都。本当は奈良に行くはずだったのが、「祇園のほうに行って見たい」とのリクエストがあり、変更。初日もそうですが、そうなると京都の大学出身のメンバーにコースは丸投げ。寺・神社をぐるっと回り、甘味をいただき、お土産を買う。

 さて、最終日なんで、この日またバスに乗る訳ですが、「汗流したい!」との痛烈な要望もあり、初めて大阪の「大東洋」を利用。結構気持ち良いもんでした。でも、あかすりのおばちゃんが普通に浴場に居たのは…。

 

どたばたの数日間でした。一応企画者なもんで、気の休まる瞬間が少なく、なかなか大変でしたが、楽しかったです。次は日帰りでUSJとの話も…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »