« 意味なし更新。 | トップページ | 踏んだり蹴ったり、引っ掻かれたり »

2006年11月14日 (火)

それでも、貴方は自民党に投票しますか?

本来ならば、こういった挑発的なタイトルはさけるべきでしょうし、書きたくはありませんでした。しかし、この法案はさすがに酷すぎる。ちょっと長い文章ですが、全部に目を通してください。そして、何かコメントを残してください。皆で考えなければならない問題だと思います。

(ゲンダイネット - 11月13日 10:00)

【2006年11月10日掲載】

mixiよりの引用です。

安倍内閣が来年の通常国会に法案提出する「ホワイトカラー・イグゼンプション」制度の恐ろしさが明らかになってきた。この新制度が導入されると、サラリーマンは平均で年間114万円もの報酬がカットされるという。


 安倍首相が好みそうな横文字の「ホワイトカラー・イグゼンプション」とは、一言で言えば、どれだけ働いても「残業代」は一円ももらえないという“奴隷制度”だ。現行の労基法では、非管理職社員を1日8時間、週40時間を超えて働かせる場合は、通常の25%増し、休日出勤は35%増しの報酬を支払わなくてはならない。


 安倍政権は、この規制を廃止する方針。11月中に「建議案」を提出し、来年1月からの通常国会で成立させるつもりだ。


 そもそも「ホワイトカラー・イグゼンプション」は、経団連、米国、さらにオリックスの宮内義彦会長が率いた「規制改革・民間開放推進会議」が導入を画策してきたものだ。新制度が導入された場合、サラリーマンの収入はどう変わるのか。試算した「労働総研」の藤吉信博事務局次長がこう言う。


「経団連は年収400万円以上のホワイトカラーに適用すべきだと主張しています。それを前提にすると1013万人が影響を受け、総額11兆6000万円(残業代4.5兆円、サービス残業代7兆円)、1人平均114万円の報酬が受け取れない計算になります」


 経団連は労働者の判断で労働時間を管理できると、もっともらしいことを言っているが、実施されればサラリーマンは長時間労働を強いられるだけだ。


「残業代も休日手当も支払わなくていいとなれば、企業は無制限に働かせることになりかねません。いまでもサービス残業が横行していますが、新制度が導入されたら、際限なく仕事に縛りつけられるようになるでしょう。過労死、過労自殺、精神破壊、疾病者が急増するはずです」(藤吉信博氏=前出)


 小泉改革は労働市場をヤミクモに規制緩和して、非正規社員を大幅に増やし、働いても給与は生活保護基準を下回るワーキングプアを生み出した。さらに安倍政権は、正社員まで低賃金で働かせようとしている。国民は踏んだり蹴ったりだ。

    音楽ブログランキング     

 

このままでは音楽家はおろか、普通のサラリーマンの方々も大変なことになる。少しでもこの話題を広めていかなければなりません。クリックをお願いします。

|

« 意味なし更新。 | トップページ | 踏んだり蹴ったり、引っ掻かれたり »

政治と音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33360/4177136

この記事へのトラックバック一覧です: それでも、貴方は自民党に投票しますか?:

« 意味なし更新。 | トップページ | 踏んだり蹴ったり、引っ掻かれたり »