« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

五日目

昼間に二時間、実習があり、その後昨日と同じ場所で練習。 まともな昼ご飯を食べていなかったからなのか、血糖値が下がりきって、何吹いても立ちくらみ状態。それでも気合いと根性で一時間吹ききり(意味無いかもしれませんが)、あまりにもうっとうしいヤブ蚊対策に携帯蚊取りを買いに。宿舎の周りは少ないですが、流石に川のそばやし…昨日気にならなかったのは、陽が高かったからなのか、気付いていなかっただけなのか…。

そう、食事残念な味なんです。無いか、濃すぎるか。村上給食(会社に配達に来てる弁当屋さん)が懐かしく感じるのは、かなり重症なんでしょうか?

残念といえば、宿舎に「バカ」が多数居るのも残念。日が経つにつれて騒がしくなってきて、今日ちょうどいまなんか、まるで盛りのついた猫みたい。キャーホキャーホうるさいし、わざわざドタバタ歩いてるのか、足音もうざい。カナル型イヤホンでそこそこ遮音してても、限界ありますしね。バカと係わり合ってトラブってもつまらん。管理人、仕事せぇ!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

四日目

四日目

今日の講習は15時から!だったので、「今日こそは練習!」と、教習所隣の阿波高校に、場所を借りれないか、尋ねてみました。

明日が吹奏楽コンクールの地区大会らしく、合奏は昼からだったみたいで、朝は顧問の先生もご不在。対応に出ていただいた先生にも 「校長も教頭も不在やし、顧問の先生だけでは、卒業生でもない外部の人に許可をだすのは…」 当たり前ですよね(T_T)また月曜に、ということだったので、出直してきます。 阿波高校の皆さん、コンクール頑張って!!!

で、仕方ないので、先日目星を点けていた阿波中央大橋の橋げたの下に。

誰かが住んでる様子も無く、まぁこんなもんか、という感じだったので、早速練習開始。

……意外に響くんですよ。外やのに、そこそこ吹きやすくて、なかなか良し。風が強いので、楽譜とびそう。しかし、今日は基礎練習だけでへろへろ(いつも以上にじっくり基礎やったのと、練習不足による体力不足でしょうね)だったので、楽譜だすまでに到らなかったです。でも、おもいっきり音が出せる幸福を、ものすごく強く感じました。

その後、地域探索も兼ねて近くのスーパーへ。2㍑の水二本と、ご当地飲料とでも言うのか、「ザ・すだち」なる飲料を購入。お昼は、テレビにも紹介された(らしい)セルフの蕎麦屋さんへ。一盛り300円で、量は少々少なめでしたが、満足できる味でした。

実技も無事終わり(坂道発進もSmoothでしたよ!)今ブログ書きながら(携帯で)「ザ・すだち」飲んでます。 なんや、普通や…。

明日は昼間に二回連続実技講習。終わってから練習に行こうっと。

写真は、阿波中央橋です。吉野川に掛かるこの橋、かなり大きいです。ケータイのカメラでは迫力ある写真って、難しいです。

8月21日追記。この記事で紹介しましたお蕎麦屋さん「勇心庵」さんですが、なんと息子さんが大阪教育大学の後輩に当たることが判明!15日目にもう一度食べに行ったのですが、そのときおかみさんと話をしてたら、そんな事がわかりました。う~ん、やっぱり世間は狭い!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

三日目

此処に来て三日目の夜。早いもので(わからんけど)もうコース走行。まずます順調なのかな?

昨日と今日、部屋でpppくらいの音量で楽器を吹く。なんかよけいにストレスが溜まる。父から「京都からなんか来てるで」との連絡もあり、少々心配と焦りが出てくる。

斜め向こう隣の部屋で、ギターを弾いてるヤツがいる。音量小さい楽器はええのぅ、と思ったが「あれ?純平(こないだ共演してもらったギタリストね)は音量大きいよな?」 よくよく聴いてみると、フォークギターでロック弾いてるらしいのだが、ピッチが…かなり…怪しい…。たまに怪しい歌声も…。

わかったから、9時すぎてその怪しい音たてるのはやめてくれ。昼ならまだ我慢できるが、夜はイライラしてまうから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

二日目

朝に一つ学科講習があり、その後しばらく時間が空いたので練習出来る場所を捜しに行く事に。

結構遠くまで行きましたがこれといって良さそうな場所は無し。公民館も、一時間ごとではなく時間帯ごとの貸し出しなので割高やし、冷房代として部屋代の半分取られるとなると、かなり微妙。吉野川の橋げたの下が一番ましかも。明日は教習所隣の高校を尋ねてみよう。

実技は二回、ATの教習とMTの発車停車訓練。やはりクラッチ操作が難関。無理せんとAT限定講習にしとけばよかった…。ま、なんとかなるやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

一日目

ひま…パソコンの無い生活がこれほどヒマだとは…。 テレビも(有料なんで)点けてないし、PSPも余った時間でちょこちょこやるから楽しいのであって、ずうっとやっても目が疲れる。適性検査で目を酷使したうえにそんなんは流石にイヤ。

普段どれほどパソコン依存なんか、一日目にして早くも実感。

明日の予習でもしよう…。お疲れ様です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

しばらく旅にでます。

昨晩記事を更新したのですが、よくよく考えると推測で書いている部分が多く、これはやっぱりあかんのではないかと思い、出発前ではありますが慌てて修正しております。

「ええとこ」世界に、大阪府などイメージアップ作戦

などと言っています。

「大阪人はええかっこしぃが嫌い。しかし、自虐的に自らをギャグに するのではなく、ええとこを積極的にアピールするようになれば、大阪のイメージも変わっていくはず」

ええとこ、ありますか?「自らをギャグに」ではなく、「自らがギャグに」なってるってことを大阪市の幹部は自覚する必要があると思いますが。少なくとも、大阪市がこの事業にからむ、ってことは、何らかのカネが動いてる、ってことなんでしょうね。「ひったくり」「マナーの悪さ」という悪いイメージを払拭したい、とのことですが、まずは行政のトップが罪を認めて刑に服すれば?

「あの人も停めてるやんか!!!」というのが、駐禁切符を切られた大阪人の普通の反応らしいですが、行政のトップが率先してしょーもないことしてるんですから、こりゃもうどうしようもない。

 

で、表題。旅に出ます。リストラされてしまうので、これからの他業種への転向も視野にいれとかないといけない、のです。正直に言いますと、自動車の免許取得のために、合宿に行く、ということです。

「皆さんの再就職を支援します」みたいなことを言って、別の部署に配属されていって、後の事なんもしてないみたいやし、その方々の後任の方は前任者がそんなこと言ったことなんてまったく知らないでしょうし、まぁったく就職案内なんて来てないのですが、いったい僕らはどうしたらいいのでしょうね?

1年間かけて、この人たちの行く末も含めていろいろ協会と相談して考えていきたいと思っておりますので、 決して現段階で生首を切るというようなことではございません。

藤堂消防局総務部総務課長はそんな事を議会で言ったそうですが、今現時点では、生首を切る状態ですが。

大体、音楽隊廃止なんて、芦原病院とか、飛鳥会問題が発覚する前に、そちらに回す資金がいよいよ無くなってきたってんで何とかお金つくらな、という意味での廃止でしょ?人員削減なんて、もっともらしいこと言ってるけど、最初から音楽隊を潰したい、では何か正当に見える理由は無いか?そや、人員削減の名目でええやんか、と、どうもそんな雰囲気が見えるのです。市会議員は勢力争いに使ってるみたいやし、今はどうにかして問題を沈静化してなし崩しにして消しちゃおう、と。

と、いうことで、しばらく更新できません。今までご覧頂いた延べ一万一千の皆様、どうかしばらくお待ちいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

日記、日記、日記!

昨日は終盤からオールスター(野球ね)を見た。

球児、あんた最高だよ!!!

予告ストレートの場面は見逃してしまった(T_T)んですが、そんなんよりも、あのストレート!本当に感動できるストレートでした。そして、何よりも本当に楽しそうな球児の表情が全てを物語ってましたね。

クルーンのストレートは、確かに速いですが、腕の振りが問題なのか、打たれちゃいましたね。ただ、ミクシィの日記でどなたかが書いてらした、

「時速150kmオーバーのフォークを投げだすと、途端に凶悪なピッチャーになる」

凶悪、良い意味での使い方だな、と感心して納得できました。

 

 

古来、日本語の「悪」には“悪い”の意味の他にも“強い”という意味を表すこともあったようです。源義平には、「悪源太」という通り名があったように、悪=強さと受け取られていた時代も確かに日本にはあったようです。

で、現代にそういった感じを伝えている、のがプロレス。「ベビーフェイス(大食い料理屋ではない)」と、「ヒール」という、レスラーのキャラを大きく二分する言葉がありますが、(今ではどうだかわかりませんが)昔は本当に強い、プロレスが出来るレスラーがヒール役を担っていました。強いから憎まれる、強すぎて嫌われる、という感じでしょうか。今では、そういったキャラのほうが人気が出たりして、面白かったりしますね。で、そういった内の一人、鈴木みのる選手のブログです。悪態をつく、憎まれ口を叩く、たま~にファンも挑発する、でも、強いんですよ。カッコいいんです。

大相撲の、現相撲協会会長、北の湖関もそういった「強すぎて憎まれる」おすもうさんだったよう。残念ながら、僕のリアルタイム相撲経験は千代の富士からなんで、取り組みを直接見た事はありません。たまに放送する、過去の取り組みなんか見ると、その力強い取り組みは凄いの一言。今の相撲人気の低迷は、関取(特に日本人)が、ただのデブで、相撲をとる、というより寄りかかりあってるだけで、力強い取り組みがほとんど見られない事も原因の一つではないでしょうか。

本当ならば、野球でも、巨人がそういった立場にならないといけないはず。でも、今は強すぎて嫌われるというより、やり口が汚すぎて嫌われる、となんとも情けない。漫画家でベイスターズファンのやくみつるさんは、「弱い巨人を見るのが楽しくてたまらない」そうですが、「強い巨人を頑張って負かす」姿を見たいと思いますし、そのほうが人気も復活するような気がします。ただ、今の巨人フロント(結構前からですが)は、とにかく今しか見えていないのか、無駄な補強を繰り返し、2軍の選手のやる気を奪い、他球団をマネーゲームに引き釣りこみ、ファンを「結局カネかよ」とあきれさせてしまう。

プロ野球チームをつくろう!3 プロ野球チームをつくろう!3

販売元:セガ
発売日:2005/07/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アンタ、ゲームじゃないんだから…。いい加減にしなさいよ…。

 

今日は、大阪の消防大賞当日。なんか記事でてないかと検索したら、やっぱり自分のブログの記事が上位に来てしまってる…。なんだかなぁ。一位は高槻市消防音楽隊の行事予定表。申し訳ないですが、ちょっと背景が見難いような気がします。

ミクシィで知り合った方達と写真でも撮って、貼り付けたかったんですが、なんだか時間とタイミングが合わず。きーやんさんとはトイレで二度ほど遭遇しましたが。

いろんな意味で大変やったけど、終わってみると「おもろかったな」という思いがでてきます。打ち上げ参加できなくてすいませんでした。

今、某局の番組案内で、「ワーキング・プア」という言葉が紹介されてました。

働けど働けど わが暮らし楽にならざり じっと手を見る

僕ら大阪市消防音楽隊も、音楽隊の給料だけでは石川啄木と同じ運命をたどってしまいそうです。で、ギャンブルで小銭を稼ぎたくなる人もいるようで…。

ある人がここ2日で一月の給料分を、北朝鮮への経済制裁で入手した、との話をちらりと耳にしました。その彼は今日も経済制裁に行ったらしく、ちょっと様子を見に行こうとホルンのN君と鴻池新田駅前の某店に行ったら、その彼は今日もコインをバケツ一杯にしてました。N君も、「ちょっとやります」とパチンコしだしたらこちらも確変大当たり!僕も経済制裁してみたく、千円だけやってみたら、見事に経済援助するハメに。「軍資金です!使ってください!!!」と渡された三千円も見事に吸い込まれ、ギャンブルは人間相手でなきゃな、と二度とパチンコ・パチスロをやらないと固く誓った暑い夏の夕方でした。あぁ、ほんまに何か副収入を得る方法を考えねば…。アフィリエイトブログでも作るか、普通にアルバイトするか…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

もっとちゃんと読めよ!

少々前の記事で、「作った音源を聴いたら電車に飛び込みたくなった」などと書きましたが、なんと!

その音源は提出以前に、使用できませんでした(T_T)

そのコンクールは、本選がモーツァルトの協奏曲より、第一楽章なのですが、「予選で演奏する曲は、本選とは違う作品番号でなければならない」という項目がありまして、つまり、同じ曲の違う楽章は演奏できない、と、こういうことだったんです。

普通に、第3楽章録音してたし…。orz  ちゃんと要綱読めよ、俺………。

 

いまからピアニストに別の曲を練習してもらう訳にはいかないので、とりあえず何か無伴奏の曲を練習。で、昨年少しばかり練習した、ズーターマイスターという作曲家の曲を今日練習してみました。

 

あ、なんか去年よりは吹けるようになってるわ…。なんともマヌケな失敗から、少々の自分の上達を感じられて、嬉しいような、バカバカしいような、ちょっと複雑な気分でありました。

でも、提出までにほんまに時間がないので、もっと練習せねば!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

カラオケとカレーと前大阪市長の…

皆さんは「歌スタ!」という番組をご存知でしょうか?

そういう僕も1、2度しか見た事は無いのですが(をい)、これはカラオケ屋とのコラボレーション番組でして、

カラオケ屋でエントリー

番組でオーディション

スカウトされれば見事デビュー!(あまりにも単純化してますが)

という番組なんですが、その番組で見事デビューを飾った、

平季 唯さんの、「裏ブログ」がめちゃくちゃ凄い!特にでむ君にはオススメ、の

いつかはカレー屋、ヒラキたい! と、タイトルからしてまぁスゴい。とカラオケとカレーが見事に融合した(ホンマか?)お話し。

 

で、前大阪市長の話を。 

昨日某所に行事に行きました。木管7重奏(2fl,3cla,2Basscla)と、金管五重奏の2団体で行ったんですが、まぁビックリ!!!

入り口のところにやたら立派な石碑みたいなのがあって、何が書いてあるんやろと見てみると、

大阪市長

磯村 隆文

なんかね、「オレが建ててやったんだぞ!」とでも言いたげなご様子。前市長が在職中に建設されたんでしょうから、もう大分と前の建築のはずなんですが、これがまた見事に新品同様!ほとんど使われてないんでしょうね。なんか、ムネオハウスと同じ臭いをめちゃくちゃ強く感じましたね。というか、普通の感覚ではないですね。作ったほうも、それを認めてしまったほうも。

こんなことが普通に通ってきた、このことに、大阪市のゆがみが垣間見えた気がします。議員もそうですし、その議員を当選させてしまった市民もそう。これでは、ね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

自分の演奏に思い悩む。

いつも、ネットサーフィンをして、気になることorやっぱり自分の頭の中から離れないことを記事にしていました。

が、最近はネットサーフィンで疲れてしまい、記事を書くことが出来ず…。

今日は先に記事を書きます。

 

 

昨日はたそがれコンサートという大阪市夏の風物詩に出演してきました(サッチモのブログをご覧下さいませ)

暑かった…。舞台の上は照明もあってか、とんでもない暑さ。出る前に水分を多量に摂取してはいたのですが、それでもアンコールではふらふら。息苦しくて息苦しくて、たまらんでした。

しかも!今回はバスクラリネットとの持ち替えもありで、大変でした。楽器の出し入れから、移動から、かなり手間がかかりました(楽器の片付けが一番大変やった…)。

で、今日は大阪の消防大賞、というイベントの練習。このイベントのために、毎年大阪府下の消防音楽隊のピックアップメンバーと、大阪市消防音楽隊が合同演奏をしています(ま、来年は…)。

普段は一般の消防士として活動されている方達や、市民消防音楽隊(一般の吹奏楽団と同様に、参加者を募って活動をされている団体)の皆さんが一緒に演奏します。人数が増えると、クラリネットのような楽器は音が消えてしまい、大変です。

こうなると、自分の音を聞こうと、むやみに大きな音で吹こうとする(音色が荒れる)。自分の音を浮き上がらせようとする(音程がむちゃくちゃ上ずる。周りから完全に浮き上がる)などの症状が出てきてしまいます。そうならないように頑張ってはみたものの…。 

 

その後はコンクールに出す音源を製作するために某所へ。何回か録音したのですが、どれも見事に音程がアサッテの方向へ…。プレイバック聴きながら、久々に電車に飛び込みたくなりました…。こんなんでオーディションを受けようとは…。

 

 

自分の頭の中には、世界中の名プレーヤーたちのいいところだけを集めて創り上げた、世界最高のプレーヤーが存在します。当然、そのプレーヤーの演奏に少しでも近づけるよう、練習し続けていますが、どれほど近づけているのか…。音楽を演奏する、という事は、観客の一人一人の心に何がしかの感動を生む事なんですが、今の僕には、それよりも結果が欲しい。多分、それが一番自分の演奏を乱す原因なのでしょうが…………。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

突然の小旅行?

明日(もう今日なんですが)は今週14日のたそがれコンサートの練習のため、神戸市消防音楽隊の練習場に伺います。

 

で、トランペットのIさん(僕のソロコンサートにも来てくれました。感謝、感謝)が誕生日や、ということで御礼を兼ねたプレゼントを買おう!と思ってたのですが…。

 

 

結局ナンも買えず。「ああ、どうしよう」と思いつつ22時ごろPCの電源を入れ、メッセンジャーを立ち上げたら、isaisaさんが。これこれこんな訳で、

「今からドン・キホーテでも行ってこようかな」

などとチャットしてたら、

「あ、俺も行く。迎えに行くからまってて。寝たら殴るで(笑)」

「ええっ!ほんまですか!!!」

と、あれよあれよという間に二人でプレゼントを買いに行くことに!

 

 

 

で、色々商品見てたんですが、残念ながら男二人では女性が喜びそうな、しかもウケそうな品物が解らない…。で、写メと電話でサッチモさんにも参加頂き、なんとか決定!

何をプレゼントするか(したか)は、また明日記事にしましょう。

で、二人の結論。

 

 

 

「ドンキって、おもろすぎてヤバイな」

 

 

 

喜んでくれるといいのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

納豆の日が誕生日

本当ならばめでたいはずの誕生日ですが、もうこの歳になると、あんまり目出度くない。

家族以外に祝ってくれる特別な存在も無く…。

……

………

…………

「来年こそは…」とisaisaさんに励まされました。

 

 

 

 

で、今日はピアノの方と合わせ。こないだの演奏会と同じ方です。去年残念だったコンクールにリベンジをかけるため、まずはオーディションテープの作成、ということでそれ用の楽曲の練習。

曲は、モーツァルトの「クラリネット協奏曲」第3楽章。なんか、「ロンド・アレグロ」の感じが出ない。日本人は人種的に3拍子が苦手、と言われていますが(日本人には盆踊りのリズムが染み付いてるよう)、僕の演奏するモーツァルトもドン臭い。これは、指とか、タンギングとか、そういったものでなく、センスと言うより身体が追いついていないんではないか?と。ガード隊の方にバレエ専門の方がおられるので、踊りを習ってみようかな?

 

あまりにも平凡な誕生日。すこしは自分にご褒美的ななにかを、とおやつにKFCのツイスターセットを。財布の中身が寂しいと、こんなもんか。

一人もんの誕生日(しかも高齢)、あまりにもむなしい、と、いうことで、もうその話題は忘れよう!

新たな奏法のヒントを見つけられたのが本日の一番の収穫。これが神様からの誕生日プレゼントか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

今日はエンタメ中心で…。

ケルティック・ウーマン 待望の日本公演決定!

サッチモのブログのこの記事で紹介されてる、You raise me up を歌ってる(演奏してる?)グループです。ホントに綺麗な歌声で、心に沁みます。聴きに行けたらいいのやけど…。

去年、大阪にDo As Infinityがやって来たとき、「あぁ行きてぇなぁ」と、思ったのやけど、「でもあんなん一人で行っても寂しいだけやし…」と二の足を踏んでいたらなんと解散…。あのときの後悔はしたくないぞっと。

 

 

 

やわらか戦車

やわらか戦線異常なし(上記の作者のブログ)

ヤフーと、ミクシィのニュースで紹介されてました。見ようと思ったら、ブログの記事にもありますが、サーバーダウンの影響からか、全然見れません。先ほどようやく見てみたら、これが面白い!ただ可愛らしいだけでなく、ちょっと戦争に対する作者の思いみたいなものが表現されてるようで、ほろ苦さみたいなものも感じます。

最近は周りの国できな臭いことになりつつあります。楽器より重いものを持ちたくない僕にとって、やわらか戦車は目標とするべき存在…なのかな?

また新たなコンサート出演が決定。9月16日です。ランチタイムコンサート、ということで、お昼ご飯を食べながら、音楽を聴いていただく、という形になります。詳しい話を決定させ次第、こちらでも発表します。乞うご期待!!!

明日も行事なので、退却~~~!

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年7月 5日 (水)

王監督が腫瘍の摘出手術へ。

ちょうど今(7月5日 23:04)、ソフトバンクホークス監督の王貞治さんの緊急記者会見が行われました。

胃に腫瘍が見つかり、明日東京に行き検査の後、手術を行うとの事。

 

多分癌でしょうね。先日の記事でも書きましたが、小橋選手に続き、王監督まで…。

 

 

 

お二人の一日でも早い回復を、心よりお祈り申し上げます。なんかもう元気が出ない…。ショックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詰め将棋と飲み会と世間の狭さ

金曜日、行事の出発前に、今週末にジョイントリサイタル(7月7日、19:00 豊中ローズ文化ホール)を開催されるTさんに

「NべさんNべさん、ちょっとこの詰め将棋見てくれへん?」

問題はなんてことはない3手詰めなんですが、妙にわからない。

「ちょっと考えさせてもらっていいですか?」

と考えること3分。一応問題は解けました。なんかそれ以来、詰め将棋にはまってしまい、電車の中やら職場の休憩時間やら、ずうっと詰め将棋といてます。

一応、初段がもらえそうなペースで問題集を解いてます。

 

 

で、今日は居残り特訓のあと、職員さんにつれられて、鴻池の{八十八万石}というお店で飲んでました。メンバーは、でむ君。ホルンのN君。職員のHさんと僕。

 

いろいろぶっちゃけトークも展開する中、一番びっくりした話が、

「Nべさん、僕昔Nべさんと一緒に演奏したことあるんですよ、覚えてはりません?」

「うそぉ、マジぃ?(もうチューハイ半分消化。酔っ払い)」

「そうですよ、播磨で、木管五重奏で…」

「…ん?

あああああ!!!!!!

思い出した!あれN君なん!

「そうですよ、覚えてはらないんですか?」

 

 

 

 

当時僕は大学入ったばかり、オーボエの子に誘われて播磨まで演奏に行ったのです。で、そこには(多分)専門学校生か、修了したばかりのN君がいた、というのが真相。まぁ僕は浪人が3年間もあったので、非常に学年と年齢の感覚がおかしくなるのです。オーボエの子(この子もNさん)は、僕と同学年、でも、ホルンのN君は年齢は僕の一つ下、とちょびっとややこしいのか。

なんせ、今日の飲み会の中で一番ビックリしたのがこの話。世間て、広いようでやっぱり狭いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

7月最初はバトンから。

今日はお休み。朝は寝て、昼は少しゲーム(バイオハザード2。めちゃ怖)をやり、練習。晩御飯を食べたら異常に眠たくなって、さっきまで仮眠(といって良いのやら)を取ってました。リードを取捨選択しました。残念ながら、RICOのリードは僕には合わなかった…。材質がね…。右サイドが異常に硬く、左サイドはペッペーってそれは…。

 

まゆこ嬢からバトン回ってきました。

■■■[指定型★バトン]のルール■■■
◆廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて答える事。
◆また、廻す時、その人に指定する事。

吹奏楽、で頂戴しました。

◆最近思う【吹奏楽】

中学校、高校ではまだまだ吹奏楽コンクール偏重の傾向があるよう。とりあえず、コンクール当日一週間くらい前に指導をお願いされるのはカンベン願いたいものですが…。

◆【吹奏楽】に感動

吹奏楽に感動、はしてません。音楽に感動、ならたくさんあります。吹奏楽を演奏中に感動などはしてますが、それは吹奏楽という狭いジャンルに押し込めるべきではないと思います。指導するときも、「吹奏楽」を指導せずに、「音楽」を指導するようにしたいものです。

◆直感的【吹奏楽】

なんでもあり。不当な差別を受けている(特に、アマチュアのオーケストラ奏者から)。

◆好きな【吹奏楽】

好きな吹奏楽曲はたくさんありますが、これも前の質問と同じで、音楽が好きな訳で、吹奏楽だから好き、ではありません。

◆こんな【吹奏楽】は嫌だ!

以前エキストラで大阪市内の某団体(これも大阪市か…)に参加。もうね、何考えてるのか、態度が悪いの。自分たちは上手い、最高や、お前どやねん、ちゃんと吹けるの?俺たちのレベルについてこれるの?みたいな態度でしたね。淀川工業の卒業生が多いみたいですが、それってどうなん?一応、その時はもうタイトル持ってましたから、かなりムカつきましたね。学校が良い成績だっただけで、お前自身の力が凄くて全国金とれたんか?ん?と。あぁ、僕も生意気でしたね。

まぁ、人間の心が音に表れますから、その団体は独りよがりな音が出てたでしょうし、僕は生意気な演奏をしてたと思います。そんなのは、嫌ですね。反省です。

◆この世に【吹奏楽】がなかったら。

これは愚問。音楽の発展は、吹奏楽にも密接に関係していますから。まぁ、軍楽隊との関係から、作曲家には嫌われてましたが。それでも、良い曲は昔からたくさんあります。

まぁ、吹奏楽が無かったら、今の僕の仕事もないですし、ここまでクラリネットバカになることも無かったのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のニュースを読んで。

前の記事でも書きましたが、

小橋が腎腫瘍摘出のため次期シリーズ欠場へ

大好きなプロレスラーです。“鉄人”“絶対王者”とも言われる素晴らしい選手が、癌の疑いありとは…。ただ、腎癌は早期摘出で完治するらしいし、ハートの強い人だから、絶対復活してくれるはず!過去にも、癌から生還した、西村修というレスラーもいることですし。

 

 

 

しょこたん☆ぶろぐ。いわゆるグラビアアイドルですが、地元に来るらしい。この千里セルシー広場、過去にも酒井法子が「のりピー音頭」を歌ってみたり、松浦亜弥が凱旋公演やってみたりと、意外にもアイドル来てる場所だったりします。ついでに言えば、僕が3浪してどん底に沈んでるとき、復活のきっかけを与えてくれたイベント(セルシーたそがれコンサート。府警音楽隊も出演されてます)の行われる場所でもあります。

あ、でも9日は住之江で区民祭りですね…。住之江区民の皆様、よろしくお願いします!

 

 

 

あす大阪市も夏のボーナス

>一方、職員厚遇問題を受けた手当10%カットの期限が3月で終了した関淳一市長は、昨年度から29万円増の378万円。

うん、音楽隊の年収よりも多いね(苦笑)。あ~ぐーさんのブログのこの記事を読んでもらっても判りますが、

>しかし、現在の大阪市の置かれている極めて危機的な財政状況の中で、 やはりまずは
必要不可欠な部分を優先して
費用対効果の観点も、
これも十分考えて、消防音楽隊の存続・廃止の問題は考えるべきであるというふうに考えました。
一定の判断を下すべきだと、私自身の判断で、これは廃止を決定いたしました

じゃあまずはアンタのボーナスをゼロにしろよ…。市民にとって、市長のボーナスは必要不可欠か?働く以上、ある程度の報償は与えられてしかるべき、と僕も思います。しかし、市の財政を食い物にした手伝いをした(あるいは、一緒になって食いつぶした)人が貰って良い金額でしょうかね?(ご意見ご感想お願いします)

ついでに言えば、この金額、減額しても近隣の府県の市長の知事・市長の中でもダントツのトップ。読売夕刊の記事によれば、これまで不祥事の責任を取って返上してきた給与、賞与の総額は約3661万円。

「厳しい状況では仕方が無い。市長はお金を残すための仕事ではないし、食べていければ、それでいい」と話されてるようですが、それなら年収378万円で十分ですよ、市長さん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »