« バトン頂戴します。 | トップページ | 最近のニュースを読んで。 »

2006年6月30日 (金)

神戸市消防音楽隊と

今日は、サッチモのブログのこの記事でも紹介されています、たそがれコンサートの練習でした。

合同演奏なんで、一緒に合奏する必要があるのですが、今日はそれの事前準備、ということで、大阪消防の隊員10数名が神戸市消防音楽隊の練習場にお邪魔しました。

今回の練習で、「メモリーズ・オブ・ユー」(アメリカの偉大なクラリネット奏者、ベニー・グッドマンの代表曲)のソロの代役を勤めました。本来のソリストが所要で今日の練習に参加できない、ってことだったのですが、バスクラも吹き(大阪俗謡による幻想曲、で担当)、直後にソロを吹くのはなかなか緊張する体験。

実は前日から異常に気合が入ってて、かなりテンションが高かったのです。ただ、寝る前に見たある記事でテンションががた落ち。もうほんまに凹みました…。出勤しても、雨と暑さとニュースの影響から、「テンション低くない?」と言われる始末。これはアカン、と空元気満開モード発動。

お昼ごはんはとんかつ屋。ご飯、味噌汁、キャベツをお代わりして、少しは脳みそもシャキッとしたかな、というところで神戸市消防学校に到着。

 

で、「大阪俗謡による幻想曲」を練習後、指揮担当の大阪市消防振興協会副参事が、「メモリーズ・オブ・ユーいこうか?」と。普通のクラリネットも、リード乾いてるし、楽器冷えてるし、ちゃんとアップできてないし、の三重苦から、もうヤバイクライテンションが急上昇。「なんでこんなんで緊張してるねん!」と自分で自分にツッコミを入れたくなるほど。情けない。

 

 

で、結果。かなりオーヴァーブロウしまっくった挙句、「リードミス4回(大阪市tp奏者M宅さん調べ)」。もう何も言えません……………。

 

 

 

ジャズというのは、ある種独特の奏法、というよりセンスが問われる音楽だな、と今回短期間ではありますが集中的に勉強して感じました。すこしづつ、ジャズも吹けるように、また、クラシックもより安定感が出てくるように練習しなければなりません。そう、9月のソロもジャズの要素が含まれているため、ジャズが(ある程度でも)判った上で演奏するのと、そうでないのとでは、お客さんはどちらのほうが楽しめるかは改めて考えるまでもありません。

 

さ、今度はどんな曲を教材にするか…?

|

« バトン頂戴します。 | トップページ | 最近のニュースを読んで。 »

自分と音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33360/2448471

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸市消防音楽隊と:

« バトン頂戴します。 | トップページ | 最近のニュースを読んで。 »