« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

神戸市消防音楽隊と

今日は、サッチモのブログのこの記事でも紹介されています、たそがれコンサートの練習でした。

合同演奏なんで、一緒に合奏する必要があるのですが、今日はそれの事前準備、ということで、大阪消防の隊員10数名が神戸市消防音楽隊の練習場にお邪魔しました。

今回の練習で、「メモリーズ・オブ・ユー」(アメリカの偉大なクラリネット奏者、ベニー・グッドマンの代表曲)のソロの代役を勤めました。本来のソリストが所要で今日の練習に参加できない、ってことだったのですが、バスクラも吹き(大阪俗謡による幻想曲、で担当)、直後にソロを吹くのはなかなか緊張する体験。

実は前日から異常に気合が入ってて、かなりテンションが高かったのです。ただ、寝る前に見たある記事でテンションががた落ち。もうほんまに凹みました…。出勤しても、雨と暑さとニュースの影響から、「テンション低くない?」と言われる始末。これはアカン、と空元気満開モード発動。

お昼ごはんはとんかつ屋。ご飯、味噌汁、キャベツをお代わりして、少しは脳みそもシャキッとしたかな、というところで神戸市消防学校に到着。

 

で、「大阪俗謡による幻想曲」を練習後、指揮担当の大阪市消防振興協会副参事が、「メモリーズ・オブ・ユーいこうか?」と。普通のクラリネットも、リード乾いてるし、楽器冷えてるし、ちゃんとアップできてないし、の三重苦から、もうヤバイクライテンションが急上昇。「なんでこんなんで緊張してるねん!」と自分で自分にツッコミを入れたくなるほど。情けない。

 

 

で、結果。かなりオーヴァーブロウしまっくった挙句、「リードミス4回(大阪市tp奏者M宅さん調べ)」。もう何も言えません……………。

 

 

 

ジャズというのは、ある種独特の奏法、というよりセンスが問われる音楽だな、と今回短期間ではありますが集中的に勉強して感じました。すこしづつ、ジャズも吹けるように、また、クラシックもより安定感が出てくるように練習しなければなりません。そう、9月のソロもジャズの要素が含まれているため、ジャズが(ある程度でも)判った上で演奏するのと、そうでないのとでは、お客さんはどちらのほうが楽しめるかは改めて考えるまでもありません。

 

さ、今度はどんな曲を教材にするか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

バトン頂戴します。

金曜は職場の先輩のライブ。Mister Kelly'sというお店に行きました。本格的なジャズライブ初体験でしたが、イヤ~凄いもんでした。カッコ良かったッス。

バトンをいくつか頂いたので、やっときます。

 

==★あなたのライフスタイルバトーン★==

Q1 あなたの血液型は?



Q2 あなたの家族は?

父、母、姉。

Q3 あなたの年齢は?

現在27。納豆の日で28です。タイムリミットが近づいています。

Q4 あなたの性別は?

男性。決して女性でも中性でもホモでもオカマでもニューハーフでもありません。

Q5 あなたの身長&体重を教えてください。

身長約165cm
体重約60kg

Q6 あなたの性格一言で例えるなら?

優柔不断、追い詰められるまでやらない。火が点くと止まらない。

Q7 あなたの好きなカラーは何ですか?

黄色かな?鮮やかな緑も好きです。黒も結構好きかも。

Q8 あなたの趣味を教えてください。

ゲーム、睡眠、読書、身体を動かすこと。

Q9 あなたの休日の過ごし方を教えてください。

ひたすら寝る。そして、ゲームをちょろっとやってから、楽器の練習。夜はネット(いつもと変わらん気もしますが)。

Q10 あなたはメール派?電話派?

メールです。電話はものすごく苦手。先生に電話するのもしんどいです。

Q11 あなたは実家?一人暮らし?

実家、というか家族と同居。

Q12 あなたの嫌いなところ教えてください。

鼻の毛穴が開いてしまってるところ。ケアしても塞がらない。

Q13 あなたの理想の人(なりたい人)教えてください。

カール・ライスターの音の均一性。
アレッサンドロ・カルボナーレの響き。
ポール・メイエのテクニック。

こういった感じの技術は欲しい。

Q14 あなたの大きな夢は?

楽器で食えるようになること。そして、大きな感動を与えられる、ビッグなプレーヤーになること。

現状では程遠い………。

Q15 あなたが憧れるデートプランちょっと教えてください。

車で夏の海へドライブ、でしょうか。早いとこ免許取らねば…。

Q16 あなたの好きなスポット三箇所教えてください。

美術館。野外コンサート(夜の)。家電量販店(なんじゃそら)。

Q17 最後にあなたがちょっと私生活を覗いてみたい相手に回してください。(5人)

自分の生活は人とは違う!と自信を持って言える方、お願いします。

■■■[指定型★バトン]のルール■■■
◆廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて答える事。
◆また、廻す時、その人に指定する事。

クラリネット、で頂戴しました。

◆最近思う【クラリネット】

値段の高いクラリネットが各メーカー増えてきました。師匠曰く、「アマチュアのコレクターには、値段が高いほうがウケるからね」とのこと。納得できる気がします。ま、僕もそんな某メーカーの最新機種を使ってますが…。

◆【クラリネット】に感動

高校時代、当時の師匠に頂いた割引券で、イタリアのプレーヤー、「アレッサンドロ・カルボナーレ」さんの演奏会に行きました(梅田、フェニックスホール)。

本当に感動しました。それまでのクラリネット感をはるかに超えた、というかぶち壊してくれた凄いものでした。あれから、いろんなプレーヤーの演奏を聴きましたが、あれ以上のものには出会えていません…。残念です…。

◆直感的【クラリネット】

地味、万能、黒い。

◆好きな【クラリネット】

もちろん、カルボナーレ。ただ、CDよりは実演のほうが数倍凄いです。
カール・ライスターの音も結構好きです。滑らかで、均一性が美しい。

◆こんな【クラリネット】は嫌だ!

調整の不完全な楽器。
手入れが全然されてない楽器。
音程の無茶無茶な演奏(自分もですが…)。
安いだけで、作りが無茶無茶な楽器。
  
◆この世に【クラリネット】がなかったら。

ま、それなりになんとかしてるのではないでしょうか。ただ、確実にツマラン人生あるいはニートか、どちらかでしょうね。

◆次に廻す人&指定テーマ

isaisaさんに、「トランペット」で、お願いします。

でむさんに、「チューバ」で、お願いします。

お二人が、自分の演奏されてる楽器に、どのようなイメージを抱いているか、とても興味があります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

上手か、下手か。

カラオケ下手なんですが、まぁそれでも楽しんで歌います。

 

しかし、ある瞬間、我に帰るというか、なんか思ってしまうわけです。「自分のクラリネットもおんなじように下手なんやろな」と。

一応、コンクールで賞を頂いたり(笑、ではありません。念のため)、音楽隊にもオーディションを通過して入隊してるし、ビックリするほど下手ではない、とは思うんですが。上手いときと下手なときの差が激しすぎる、という実感はあります。プロとして、それどうなん?音楽隊の方は皆さん吹けますし、差がついてると言われもします(皆さん、ドンドン苦言をお願いします。僕の場合、言わない親切よりも、言う優しさ、でお願いします)。

で、いくつかチェックポイントを考えてみた。

 

大きい音、鳴らせますか?
小さい音、鳴らせますか?
音量の変化を自在にコントロールできますか?
リードの雑音とか、鳴ってませんか?

レガートは美しくかかってますか?
スタッカートはキレイに切れますか?
いろんな種類のタンギングを使い分けていますか?
早いタンギング、出来ますか?
ゆっくりのタンギング、できますか?

音のムラはありませんか?
音程は正しく吹けてますか?
音程のコントロールは出来ていますか?
演奏中、不意の音程の変化に対応できていますか?

指は早く動きますか?
指を、ものすごくゆっくり動かせますか?
指は正確に動かせますか?
舌と指の連携は上手くいってますか?

演奏のたびに、ちゃんと準備が出来ていますか?
毎回、良いリード選べていますか?
集中できていますか?

練習してますか?
毎日の練習で、自分をしっかり追い込めていますか?
適当な練習になってませんか?

 

思いつくままに項目を挙げてみましたが、どうでしょう?一つでも引っかかるのであれば、問題なんではないでしょうか。僕は、引っかかりまくりです。一つでも引っかかる点が減らせるよう、やっていかねばなりません。出来ないなら、楽器を止めます。スッパリと、未練持たずに、諦めねばならないでしょう。

大体、練習もせずに上手くなろうなんてのが間違いなんです。無茶でも何でも、とにかく練習量を増やす!!!今まで勉強してきたんですから、中学生とかにありがちな「練習するほど下手になる」ってなことは無いはず。練習量を増やす!これだけ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

カラオケに行ってきました!その3

昨日は代休2日め。またもやカラオケです。今回はいつものメンバー(Kプロデューサー、isaisaさん、僕、でむ君。年齢順)に、さっちもさんと、あっこちんさんの総勢6名でした。

朝、isaisaさんに家の近くまで迎えに来て頂けました。ありがとうございます!しかし、道が想定以上に渋滞…。「20分くらいで到着する道やねんけどな…」という事ですんで、ほんまに大変な渋滞やった模様。確かにトラック多かったですし。迎えに来てもらったことで渋滞に巻き込んでしまい、いつもながら申し訳無く思います。スイマセン。

 

歌自体は、相変わらず(T_T)上手くなりませんねぇ。大分マシになってるらしいんですが、実感無い。ま、いっか。

あっこちんさんは途中でお子様のためにご帰宅(お二人の可愛いお子様がおられます)、でむ君は人と会う、とのことで早退、で、途中から4人で。4人はさすがに回ってくる順番が早い早い。しかも今回はフリータイム終了の午後八時までいたもんだから、最後はみんなバテバテ。下手でも楽しかったよ~!!!

 

終了後、プロデューサーは電車でご帰宅、さっちもさんと僕はisaisaさんの車で送ってもらえることに。なんか食べるか、ということで小野原のくら寿司へ。

060620_2105 あれ~流されてるぅ~、

と思ったら!

 

060620_2109 おお、雄雄しいライオンのように、遠吠えを!

楽しく遊んだ一日でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

レッスン&コンサートに行ってきました9。

土・日と音楽隊の仕事が続いたので、今日明日は代休。で、午後3時より、四戸先生のレッスンを受講。

前回、「音階も」ということだったので、練習していきましたが、自分では全調を練習していくはずだったのに、結局用意できず、異常に緊張した状態でレッスンは開始。やはり、納得いくまで練習せんとダメです。

 

結局、基本のハ長調だけで音階のレッスンは終わり(奏法の確認に終始しました)、某コンクールのテープ課題にしようと思っている、モーツァルトの協奏曲の第3楽章を聴いていただくことに。音の反応はかなり改善できたようだが、リズム感(ロンドの優雅な感じ)がイケテなく、かなり注意を受けました。マウスピースを変えて正解だったよう。良かった。

 

その後、腹ごしらえをしようと、日本橋の地下(なんばウォーク)にある、お蕎麦屋さんに。

060619_1759 なんと、食べ放題(笑)。でむ君が見たら大喜びしそうなお店ですが、量だけでなく、味もかなり良いと思います。結局、大盛りをお代わりしたので、普通のそばの4枚分食べました。そして、キッチリ蕎麦湯も頂き、大満足。

問題は、これからコンサートに行こうという人間が、おなか一杯にして眠たくならないか、というとこですが…。

 

 

そう!今日は、ビュッフェ・クランポン180周年記念/モーツァルト生誕250周年記念コンサートがいずみホールで行われ、それにも行ってきたのです。音楽隊に1枚だけ招待券が送られてきたのですが、血で血を洗う抗争劇の末に(単なる阿弥陀籤です)僕が獲得できたんです。

しかし凄いですね!お客さんの入りもそうですが、見回せば有名人、って感じでした。新製品の紹介もしてましたね。

060619_1848 左端は、今まで普通に使われている、バセットホルンという楽器。右端は、バセットクラリネットという、普通のクラリネットの低音域を拡大した楽器。では、真ん中のものはというと、これもバセットホルン。普通のバセットホルンは下のCの音まで出ますが、新しい楽器は下のE♭までに縮小されてます。そのため、木製のベルを装着でき、音色が柔らかくなるとのこと。実際、演奏していないのでよくわかりません。

 

素晴らしい演奏でした。特に、オーボエ協奏曲を演奏した、ジャン・ルイ・カペザリの演奏にシビレました。鳥肌立ちっぱなし!!!

ミシェル・アリニョンのクラリネット協奏曲も美しかった。あのピアニシモは真似でけんわ(真似というか、ピアニシモでコントロールしながら演奏せなアカンのですが)。新製品お披露目なのか、バセットクラリネットを使って演奏されてました。

勉強とか云々言う前に、純粋に音楽を楽しめました。いや~良かった!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月18日 (日)

親子で楽しむ音楽会?

本日は、住之江の小学校で、「親子で楽しむ音楽会」と題しての演奏。

 

あれ?消防音楽隊は、消防の広報活動だけで、演奏会はしてないはずでは?そう、こういった現実とかけ離れた答弁を、消防局の上層部は行ってる訳ですが、その話はまた今度。

Kif_0452 「明日があるさ」を演奏中のtbこた君。この曲では、Hr,Tp,Tbが派手なアクションをとったり客席に降りていったりで、いつもウケてます。曲の編曲はパッとしないのですが、隊員のアドリブで曲がめちゃくちゃ楽しくなる良い例だと思います。何でもそうですが、楽しいほうがお客さん、観客の皆さんの印象に強く残ります。

 

最後に、アンコールを演奏したんですが、その前に司会の方が、

「音楽隊は来年3月で活動を停止してしまいます。アンコールの声と共に、『やめないで!』コールもお願いします!!」と。

 

とてもありがたい話です。でも、僕らに『やめないで!』と言われても…。なんです。僕たち隊員は、当たり前ですが辞めたくない。クビ切られるわけですし。

 

 

音楽隊を潰したいのは…???

いったい誰なんでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

最近の日記&バトン

昨日は、isaisaさんの用事に同行してヨドバシカメラへ。

 

目当てのものが無かったので、その足でソフマップへ。

タイムサービス512MBのmini SDが2980円!を一枚購入。ここでも、isaisaさんの目当ての品は無かったのですが、なんと!

僕も愛用している、iriverH320が中古で販売されてました。値段も、僕が2年前新品で買ったときより2万円引き(T_T)やっぱり同行していたラッシャイ君に、isaisaさんと二人で

「絶対買っとくべき」

と。このH320(ハードディスクが20GB。40GBタイプはH340)、ほんとに色々遊べるプレーヤーでして、ライン録音、マイクをつけての練習などの録音、写真表示や動画の再生まで出来るのです。検索かけたら、いろんな人がマニアックなことをされてます。プログラミング組み替えたり、ハードディスク乗せ変えたり。

脱線しました。ラッシャイ君は、見事ご購入!ヤフオクでもなかなか出品されない商品をかなり割安で買えたので、買った本人も奨めた僕も満足。これで音楽隊にはH300シリーズは6台あることに。すばらしい!ついでに言えば、いつもの独身貴族4人組(過去ログ参照)は、全員所持してますね。彼女にお金使わなくていいから、こんなふうに自分にお金が使えます………。

 

 

 

 バトンしましょうか。さっちもさん(この人もH320持ってはる)より。

1 もし道端に宇宙人が倒れていたら?

    棒かなんかでつんつんしてみます。

2 恋人の浮気現場に遭遇したら?  

   槙原敬之の「SPY」なんか歌ってみます。そして泣く。

   
3 今もし突然『オレオレ詐欺(振り込め詐欺)』の電話が来たら?

  相手に一時間くらい話させます(当然、ヒマなときのみ)  
         
4 大好きな芸能人が目の前にいたら?

  手汗を拭いて、握手&サインを求めます。伴都美子だったら、楽器ケースにサインの勢いです。

5 変なおじさんの格好をした変なおじさんに急に声をかけられたら?

  無視。ゴメンそれしかできん。

6 年下に『あんたって子供よね』と言われたら?

  「年上にあんたという言葉遣いが出来るほど、無知な子供ではないけどね」
           
7 猪が自分の方に猛スピードで突っ込んできたら?

 上からがぶってタックルを切ります。
   
8 バイト中に包丁を持った強盗に『金を出せ』と脅されたら?

 当然、抵抗。左手にバイト着を巻きつけ、刃物を打ち払う。そして胴タックルから水車落とし…、ウソ、泣いて「お金無いんです…」と言う。その時の気分ですかね。

9 朝目覚めて背中に翼が生えていたら?

 空を飛んでみます。♪もしも~空を~とーべーたら~ぁぁぁ~ってか。

10 リアクションおもしろそうな5人にバトンタッチ

  とりあえず、でむ氏、あ~ぐ~氏、isaisa氏、ミクシィから、まゆこ氏(実習後でええからね)、ちゃありい氏。皆様、おヒマございましたらやってみてくださいませ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年6月13日 (火)

久々のお休み。

朝、昼は寝っぱなし。最近寝つきが悪くて、どうも睡眠時間が足りないみたいでして。今日一日でかなり寝貯めできましたかね?

さっきまでしばらくぶりにジョギングに行ってました。両腕に0・5㌔の錘をつけて、フラッシュメモリプレーヤーを装備、さあいざ行かん!

20分しか走れなかった…。あっというまに心臓がいっぱいいっぱいになってしまいましたよ。去年の秋は一時間きっちり走りきれていたのに…。やっぱり鈍ってましたね。これではイカン。頑張って走ります。

これから、借りてきたCDと手持ちの「大栗裕作品集」のエンコーディング。練習も頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

みんな頑張ってるよ。

しばらく更新できていませんで、すいません。アクセスがなんと!!!

8100を超えました!ありがとうございます。このままやとほんまに一万超えそうです。自分でもビックリです。

最近、政治と音楽、というカテゴリーで記事を書いていません。飛鳥会がらみの犯罪が次から次へと出てくるので、こちらが書くよりも新聞を読んでもらったほうが解りやすいので、是非新聞を読んでください。個人的にも、色々話は聞いてます。そのうち、何か音楽隊がらみの記事を書くことになると思います。

今回の記事は、こちらのお店、川端楽器商会の宣伝をします。

このお店、以前アルバイトで音楽隊に太鼓を叩きに来ていた川端君が設立した会社でして、先日久々にお会いしたときに、「実は…」と名刺を頂いて会社のことを知った次第。

 

大分年下なのですが、自分の会社を持って、これからの人生を切り開いていこう、とする川端君のバイタリティには脱帽です。木管楽器買うならここ、マウスピースはこちら、小物関係はこのお店、と自分の中で紹介するお店があったのですが、その紹介リストに、打楽器の川端楽器商会が加えられました(笑)。

できるかぎり応援して行きたいと思います。皆さんもよろしくお願いします。

音楽隊辞めたら雇ってもらおうかな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

買い物。

久々にアクセス解析を見てみたら、ちょうど7960になってました。ご覧頂いてる皆様、ありがとうございます。最近、ゆるい記事が多いですが、もともとはこんなゆるいブログを目指していた、というか目指すもんでもないのですが…。皆さん、選挙権は有効に使用しましょう。「めんどくさい」と選挙に行かなかったから、現在の大阪市のような自体になってしまったのです(僕は大阪市民ではありませんが)。

今後の国政の動きにも注目しなければなりません。共謀罪なんか、かなりむちゃくちゃになりそうでしたしね。大体、国連が条約批准の条件にしている内容自体がむちゃくちゃや、というのもありますが…。繰り返しますが、選挙にはいきましょう、投票権は、ちゃんと行使しましょう。

 

 

昨日の記事でも書きましたが、いくつか買い物をしてきました。

目薬が2種。「スマイルピット ドライアイ」と、「アイボン トローリ目薬クール」

シングルCD。伴登美子の「Flower」

楽器用品。「シェラック」という、楽器用の接着剤。

 

3時間ほど、西梅田、北新地界隈を歩いてきました。やっぱり、軽くでも身体を動かすと気持ち良いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

今日はほんまに雑記。

目薬が無くなりそうだ。

酷いドライアイ持ちなのですが、ハードコンタクトを着用、ソフトレンズよりはマシですが、目薬が手放せません。いろいろと使ってみましたが、今はhiroさんに教えてもらった、「スマイルピット ドライアイ」を気に入って使ってます。

が、これなかなかお値段がよろしいのです。近所では798円とかしてるのですが、北新地第一ビル地上階のダイコクドラッグでは、なんと498円で販売してるのです。わざわざ電車に乗って行っても、(定期券範囲の)大阪天満宮から北新地は120円、往復でも240円、ということでお釣りが出ます。

でも、目薬買うためだけに行くのもなんかもったいない、というか悔しいというか。なんか用事ねぇかな~と思ってたら!忘れてました。明日は、

Flower (DVD付) Flower (DVD付)

アーティスト:伴都美子
販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2006/06/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

の、発売日。ちょうど良かった、ついでに買いに行こう。お金は無いが、何とかなるさ!

 

(大阪天満宮から、北新地、歩いていこう。ダイエットになるしね)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

コンサートに行ってきました8。

吉信博クラリネットリサイタルに行ってきました。~2002年度青山音楽賞受賞研修成果披露演奏会~ということで、かなり力のこもった演奏会でした。

風邪引きで頭がボーっとしてました。開演時間を30分間違えていて、気付くと真の開演時間ギリギリ、上桂の駅から会場のバロックザールまで、ダッシュしてしまいました。何やってんだろうね。

 

お客さんもたくさん、ほぼ満員でした。お客さんが多いほうが演奏者もやりがいでます。音楽隊の仕事で、誰も居ないところで音を出せ、なんていうのもありますが、何とも寂しいものです。

プログラムも、古典から現代まで幅広く取り揃えておられ、大変面白かったです。自分を振り返ると、「あぁ現代音楽やってないなぁ」と思います。“現代の音楽”はたくさんやってますが、狭義の“現代音楽”はほとんど、というかまったくやってません。イカンイカン。

 

ここ1,2週間でたくさんの人の演奏を聴いたり、また自分でも演奏したりしたのですが、おんなじクラリネットでも、(当たり前ですが)皆違って個性が強く出るもんだ、と実感。全てを受け入れられる、というものはある訳ないのですが、それぞれの皆さんの良いところを取り入れて、自分の演奏にフィードバックさせなければ。聴くだけなら意味が無いのです。なんだかまた演奏会やりたくなってきました。本当に大変やったけど、何だか意欲が湧いてきています。どんなプログラムを組もうか…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

鼻かぜ、花粉症。

4日くらい前から鼻水が止まらない。あまりにも流れてきてしまい、職場に置いていた個人のティッシュボックスも使い切ってしまった。トイレットペーパーを使って鼻をかむので、小鼻がぼろぼろ。

花粉症かと思っていたら、鼻水ダラダラの翌日から鼻の奥の粘膜と喉が痛い。風邪か?と思いつつも、花粉症でそんな症状が出ることもある、と特に処置もせず放置、ビタミンCだけは取ろうとCCレモンは飲んでいた。

 

今日になって、頭痛が発症。やっぱり風邪やったか。食欲も無い、行動する気力も湧かない。でも、今日は職場の先輩(モンスターハンターポータブル仲間)のコンサート。是非行かねばならぬ。風邪薬飲んで、CCレモン飲んで、行こう。ホントは楽器吹いたら大抵の風邪は吹っ飛ばせるのだが、今日は止めとこう。時間無いし。  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

クラリネットファンタジー

060531_1553 見る人が見ればすぐわかる、ある(自称)スーパースターのサインですが(笑)。

 

 

今日は、青山秀直クラリネットコンサートのお手伝いに行きました。休暇を頂いていきました。青山先生は大学の大先輩であり、何度もレッスンしていただいたり、アドバイスを頂いている方です。お世話になりっぱなしなので、「申し訳ないけど、手伝ってくれへん?」と言われると、「僕なんかで宜しければぜひ!」、ということで、ステージマネージャーの真似事をしに行きました。

 

会場は、兵庫県立芸術文化センター小ホール。前消防音楽隊B.sax奏者の方が現在こちらで活動されてます。一流のステマネになることが夢、ということで、夢を追いかけるために昨年度前半、音楽隊を退職されました。 カッコイイです。そういえばいらっしゃるよな?と思ってたのですが、ここはあえてビックリさせてやろう、とメールもせずに会場入り。

 

青山先生の荷物(物販や、プログラムやら)を担いで会場入りして、ご挨拶。「Nべさん、何しにきはったんですか!?」「いや、お手伝いですよ。」「いつ演奏しにきはるんです?」「う~ん、10年後?」などという他愛もない会話もそこそこに、ドタバタと準備を開始。何せ慣れないもんだから、全然落ち着けないのです。常に身体を動かしてないと、みたいな感じになってしまって…。演奏者のご迷惑にはならなかった…、とは思います。

 

青山先生は、「30代最後の演奏会!たくさん入ってくださるといいな」とおっしゃられてたのですが、なんと当日券が販売できないほど前売りが売れてたのです!客席はほぼ、満席。九割入ってました。会場のチケット売り場でも10数枚売れた、ということで、このあたりにはコンサートを気軽に聴きにくるお客様が確実に根付いていることを実感。芸文センターの意義は確実に伝わっているよう。文化都市への布石は着々と、といったところでしょうか。

 

プログラムも、普段なかなか聴く事の出来ない曲も交えたもので、(ゲストに、京響fg奏者の東口さん。グリンカの悲愴トリオと、プーランクのデュオを)軽くおしゃべりを交えながらの演奏でした。僕のコンサートも、この形式を拝借したのですが、やっぱり本家はよどみがない、というよりほとんど噛まないし。

 

 

 

控え室での音だし、リハーサル、本番と通して(仕事しながら)聴かせていただいたことは、非常に参考になりました。ただ聴くだけでなく、ただ演奏するだけでなく、こういったお手伝いも大切な勉強だな、と改めて実感。でも、なかなか機会ないんですよね。でも、来年2月の先生の演奏会のお手伝いをすることはすでに決定。どうも仕事っぷりを気に入ってもらえたようです。ありがたいです。その頃には、自分の演奏レベルも上げて、より深いところから勉強できるようにしたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »