« 消防音楽隊 廃止へ | トップページ | 閉鎖という事態に…。 »

2006年2月 7日 (火)

何か論点が違う気が…。

太田晶也さん(市会議員太田勝義さんの息子さんで秘書)のブログにトラックバックさせてもらいました。

http://blogs.yahoo.co.jp/masamagokoro/24227964.html

晶也さん(勝義議員ではないので)の本文やコメントを見ていると、釈然としない思いでいっぱいになります。大阪市の財政が厳しいのはもちろん知っています。それなら、他の政令指定都市と比べても多すぎる議員定数の削減はどうするの?大卒初任給以下の給料でやってきた僕らを簡単に切り捨て、自分たちはそのまんま、ってのはスジが通らないことないでしょうか?

スリムに、コンパクトな市政を目指すなら、役人の数もそうですし、議員の数もそうですし、天下りの問題もそうですし、解決しなきゃいけないことはたくさんあります。はっきりと市民の負担になる事業ならともかく、僕らは市民の皆さんに喜んでいただいてる(いただいてた?)という自負があります。

こうなったら、大阪市幹部の退職金の50%カット!とか、してもらいたいもんです。あぁでもそうなると組合が猛反発するのでしょうね。僕らは組合を作ることもできなかったのですが。

|

« 消防音楽隊 廃止へ | トップページ | 閉鎖という事態に…。 »

消防音楽隊」カテゴリの記事

コメント

初めて書き込みします。
今年は自分自身を見詰め直せるいい年になることを願ってます。
お互いまた逢ったとき笑ってお話できるようにがんばっていこうね!
僕の友達も、もっとすごい困難を乗り越え、オケに入ったりしてますので今回はいいきっかけになったと言えるように願ってます。
あせらずお互いがんばっていきましょう!

投稿: Tsubo | 2006年3月31日 (金) 23時06分

くら吹きさん、はじめまして。私のブログを見て釈然としない不快感を与え、申し訳ありません。ごめんなさい。
議員定数については、人口比率で言うと大阪市の議員定数は、他の政令市と比べれば少ないです。しかし、横浜市の90人に次いで、大阪市は89人いますから、多いと思われるかもしれませんね。
音楽隊が市民に喜んでもらっているのも、その通りと思いますし、贅沢に活動していたとも思っていません。
隊員の方が、大卒以下の給料で苦労されている実態は知りませんでした。
私が消防音楽隊の廃止論者でないから釈然としないのかもしれません。
悪意に取らないでくださいね。
私も吹奏楽の経験者なのですから。
一度、直接会って話とかできたらいいですね。
もしかしたら、何かお互いにとって何かプラスのことが見つかるかもしれません。
私たち政治家ができることは意外と少ないんですよ。
しかし、行政のチェックはできるのです。
山積された問題に、少しずつですが取り組んでいきますので、どうか全部とは言えませんがご理解を頂ければと思います。
失礼します。

投稿: 太田晶也 | 2006年2月 8日 (水) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33360/642085

この記事へのトラックバック一覧です: 何か論点が違う気が…。:

« 消防音楽隊 廃止へ | トップページ | 閉鎖という事態に…。 »